所沢市斎場の過去事例

所沢市斎場のご案内

menu
HOME首都圏の公営斎場埼玉県所沢市斎場お客様の声所沢市斎場の過去事例

所沢市斎場の過去事例

kakojirei2016
故人様のお見送りはただおひとり、故人様の奥様だけでした。

「主人や私にはこれといったつながりというものがありません。葬儀はせずに、火葬にだけしてやってください」

火葬場は所沢市斎場。3時のご火葬では、場内も閑散としていました。

奥様は必要なこと以外には口を開かない方でした。
とりわけ、こちら側に心を閉ざしているとか、言いたいことをお腹の中に押し込めている、とかではなく、本当に、無口な、口を開かない方だったのです。私がなにかを問いかけると、にこりとして「はい」とか「ええ」などと仰るので、私に敵意があるわけでもないようでした。

川越市民聖苑やすらぎのさとの過去事例拾骨までの待ち時間もロビーのソファで待ち、何も話をすることなく、ただ黙って、じっと天井を見上げる奥様に、私はどんな言葉を掛けるべきなのか分からず、かといって、何かすることがあることもなく、所在なく傍らに腰掛けていました。すると、「島方さん」と奥様の方から口を開かれました。

「このあたりに、美味しいごはんを食べるところはありますか?」

斎場のすぐそばにはありませんが、車で5分~10分圏内には、仕出し屋さんや和食やさんがたくさんあるので、そのことをお伝えしました。すると、

「島方さん。主人の拾骨が終わったら、一緒にいかがですか?」
「いえいえ、結構ですよ。お気遣いなさらずに下さいね」
「気遣いとかではないんですよ。ただ・・・」
と言われたきり、また黙り込んで、天井を見上げ、拾骨までの時間を静かに過ごすのでした。

私は「ただ・・・」のあとが気になるのですが、これもどう問いかけてよいのか分からず、じっとそばにいるだけでした。
火葬炉からご遺骨となった故人様が出てこられた時も、表情には何の感慨も浮かべずに、ただじっと、現実を受け入れているようでした。

蓮
拾骨は、2人で一組の箸でお骨を掴んで壺に移します。
奥様おひとりでは拾骨ができないので、私がお手伝いをして差しあげました。
丁寧に、丁寧に、1つ1つのお骨を拾い、壺に移しました。

帰り際、奥様は私に深々と頭を下げてくださり、こう仰いました。

「ありがとうございます。ひとりではなくふたりで主人を見送ることができて、よかったです」

故人様のお見送りはただおひとり。・・・じゃなかったのです。

「もし島方さんがお時間を許すのであれば、食事をご一緒したいんです。お斎は、亡くなったものを囲んで家族が飲食することで、故人を偲ぶものだと思います。よければご一緒に」

時間は夕方5時前。開店には少し早いけれど、近くの和食屋さんで約1時間、故人様の、そして奥様のお話を聞かせて頂きました。お食事の席では、奥様はいつもより饒舌だったように思います。嬉しそうに、そして時に寂しそうに語られる言葉の端々に、普段は口にして出されない「想い」がこめられており、その相手が私であったことが、なによりも嬉しく思われます。

私は常にお客様の親戚になってみせる。
そう決意させていただいた、大切な大切な、お客様です。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

葬儀に関するご質問
所沢市斎場でのご葬儀については下記からご相談ください。


必須お名前
必須メールアドレス
必須ご質問内容


ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください

施設の詳細についてご案内
ご葬儀の相談・受付は24時間365日年中無休で承ります
近隣の宿泊施設や周辺情報をご案内
所沢市斎場の費用についてご案内
ご葬儀の一連の流れをご案内します
ご葬儀に関してよくある質問をまとめました

所沢市斎場を利用したご葬儀プラン一覧
直葬・火葬式シンプルプラン
一日葬ワンデイプラン
小規模家族葬ファミリースタンダードプラン
家族葬ファミリープラン
一般葬儀スタンダードプラン
大型葬儀・社葬デラックスプラン
費用項目の内訳の見方の注意点

過去事例/お客様の声一覧
所沢市の葬儀後の相続・その他手続きについて
所沢市の遺品整理・現状回復はお任せください
所沢市のペット葬儀・火葬について

家族葬の良くあるご質問と記事