通夜の料理―関東(埼玉県・千葉県など)での家族葬・葬儀のしきたりの違い

家族葬記事
menu
HOME首都圏の公営斎場埼玉県越谷市や所沢市での家族葬なら満足度98%の蒼葉葬儀社家族葬の良くあるご質問と記事通夜の料理―関東(埼玉県・千葉県など)での家族葬・葬儀のしきたりの違い

通夜の料理―関東(埼玉県・千葉県など)での家族葬・葬儀のしきたりの違い

通夜の料理―関東(埼玉県・千葉県など)での家族葬・葬儀のしきたりの違い

関東(埼玉県・千葉県など)での家族葬・葬儀での通夜料理のしきたりと関西のしきたりの違い

これは関東の埼玉や千葉県の家族葬だけでなく、一般葬でも言えることですが、受け継がれているしきたり・風習の影響が大きく残っている地域もあります。

一つの家族葬や葬儀でも、その間に行われる流れの中にも違いがあります。

埼玉・千葉県だけのしきたりではありませんが、代表的な葬儀の流れの中にある、関東と関西のしきたりや風習の違いを知ってそれに沿わないと、マナー違反になるケースがあるので、その違いを知っておきましょう。

通夜の料理のしきたりの違いと目安費用の計算式

埼玉や千葉県など関東中心で「通夜ぶるまい」と呼ばれるしきたり

関東

  • 親族のみでなく、参列者にもふるまう
  • 参列者数をある程度予想し、大皿料理で取り分けられるように準備
  • 参列した人は料理に少しでも箸をつけるようにし、飲み物を頂いたから帰る

関西

  • 習慣として「通夜ぶるまい」が一般的に存在しない
  • 上記のお代わりに親族・近親者の間でのみ食事の席を設ける
  • 一般参列者は焼香が終わったらそのまま帰宅する

通夜の料理―関東(埼玉県・千葉県など)での家族葬・葬儀のしきたりの違い
上記の関東(埼玉・千葉県など)や関西での大きな違いは、関東では参列者数が多くなると、それだけの費用が飲食代として当然増えてしまうことです。

家族葬であれば、少人数になり予想参列者数と実際の参列者数に大きな差は出ません。ただ、一般的な目安の計算式を知っておくと大変役立ちます。

親族数;参列者数÷2=料理数
*親族が6名、参列者が20面の場合、6+20÷2=13名分

これだけでよいのかと思われるかもしれませんが、一般的にはこれで足りるとされています。ご不安であれば、少しだけ多めにしておくか、追加注文ができるか確認しておくとよいでしょう。

こちらも知っておきましょう

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須ご質問内容


ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください

蒼葉葬儀社の埼玉家族葬
蒼葉葬儀社のご葬儀に対するの想い
首都圏の公営斎場をご案内します
ご葬儀の相談・受付は24時間365日年中無休で承ります
蒼葉葬儀社のご葬儀の費用について
ご葬儀の一連の流れをご案内します
ご葬儀に関してよくある質問をまとめました
費用項目の内訳の見方の注意点
直葬・火葬式シンプルプラン
一日葬ワンデイプラン
小規模家族葬ファミリースタンダードプラン
家族葬ファミリープラン
一般葬儀スタンダードプラン
大型葬儀・社葬デラックスプラン
葬祭費給付金についてご説明します
過去事例/お客様の声一覧
葬儀後の相続・その他手続きについてもお任せください
遺品整理・現状回復もお任せください
ペットの葬儀・火葬もお任せください

家族葬の良くあるご質問と記事