家族葬はどのようにして生まれたのですか?

家族葬記事
menu
HOME首都圏の公営斎場埼玉県越谷市や所沢市での家族葬なら満足度98%の蒼葉葬儀社家族葬の良くあるご質問と記事家族葬はどのようにして生まれたのですか?

家族葬はどのようにして生まれたのですか?

昨今、お葬式の主流になっている家族葬ですが、時代の流れや社会構造の変化が大きく影響しています。以下のような理由が考えられます。

1)地縁や社縁の希薄化

ひと昔前、まだまだ地域のつながりが強かったころ、あるいは、会社への帰属意識が強かったころの社会では、そうした人々とのつながりから、お葬式に参列することが当たり前でしたが、昨今ではこれらが希薄化になり、家族葬が浸透していきました。

2)高齢化社会

高齢化社会
高齢化が進みますと、故人様の友人や知人の方たちもすでにお亡くなりになっていたり、参列が困難な状況になっていたりします。
このような場合、参列をご遠慮したり、あるいは喪主側の方から訃報を流すことを控えたりします。

3)景気の低迷

家族葬が浸透しだしたのはバブル崩壊後でした。長らく不況で、葬儀にかける費用を軽減する傾向が拍車を掛けました。

4)「接待葬儀」への違和感

80年代ころまでは、いかに飾りつけを華美にするか、いかにおもてなしを豪華にするかという、いわゆる「接待葬儀」の傾向にありましたが、故人を置き去りにしてしまうこのような風潮への違和感が、景気低迷と相まって、家族葬の浸透に結びつきました。

kazokusou-8

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください