出棺から火葬、初七日までの流れの詳細

家族葬記事
menu
HOME首都圏の公営斎場埼玉県越谷市や所沢市での家族葬なら満足度98%の蒼葉葬儀社家族葬の良くあるご質問と記事出棺から火葬、初七日までの流れの詳細

出棺から火葬、初七日までの流れの詳細

出棺から火葬、初七日までの流れの詳細

家族葬のご出棺から初七日まで。

出棺から火葬、初七日までの流れの詳細
ご出棺する際に火葬場へと持っていくものは、遺影写真、骨箱、位牌となります。
火葬場に御遺体が到着後、葬儀社が火葬許可書を渡し、許可されたら霊柩車からお棺を運び、炉前へと葬儀社の職員の手によって搬送されます。

そして僧侶による読経が終了後、僧侶、喪主、親族の順で焼香を行います。
場所によっては読経が行えない所があったり、焼香の変わりに拝顔の場合もあるので事前に確認しておきましょう。

そして、最期に合唱したのち、炉の中にお棺が運びこまれ火葬が始まりますが、お骨上げまで時間が空きます。

地方によって異なりますが、この時間は休憩をとったり、精進料理を食べたり、お茶菓子などを皆で食べながら故人との思い出話をしつつ職員からの案内を待つ時間となります。

お骨上げの時間になると職員が案内にくるので、みんなで拾骨に向かい、職員の指示のもとお骨上げをします。

そして、終了後埋葬許可書を受け取り帰宅となります。

初七日について

初七日について
仏教の考えでは初七日とは「無事、浄土にたどり着けますように」と故人に対して祈る、残された遺族を心配し様子を見に来る故人に対し、故人が「心配いらないですよ」と伝える儀式です。
基本的に家族葬でも葬儀でも、初七日は行います。

ですが、最近は子供たちが就職などで遠くへ行ってしまっていたり、親族が遠くにいる家庭も増えてきています。

そのため、初七日を葬儀当日に行うケースが一般的になっています。

初七日法要についてですが、まず、法要の式場についたら塩で身を清めます。
僧侶が読経をし、喪主から順番に焼香をして終了となります。

また、ここでは法要という言い方をしましたが、仏事と呼ばれることもあります。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須ご質問内容


ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください

蒼葉葬儀社の埼玉家族葬
蒼葉葬儀社のご葬儀に対するの想い
首都圏の公営斎場をご案内します
ご葬儀の相談・受付は24時間365日年中無休で承ります
蒼葉葬儀社のご葬儀の費用について
ご葬儀の一連の流れをご案内します
ご葬儀に関してよくある質問をまとめました
費用項目の内訳の見方の注意点
直葬・火葬式シンプルプラン
一日葬ワンデイプラン
小規模家族葬ファミリースタンダードプラン
家族葬ファミリープラン
一般葬儀スタンダードプラン
大型葬儀・社葬デラックスプラン
葬祭費給付金についてご説明します
過去事例/お客様の声一覧
葬儀後の相続・その他手続きについてもお任せください
遺品整理・現状回復もお任せください
ペットの葬儀・火葬もお任せください

家族葬の良くあるご質問と記事