家族葬と遺言、エンディングノートの違いなどについて

家族葬記事
menu
HOME首都圏の公営斎場埼玉県越谷市や所沢市での家族葬なら満足度98%の蒼葉葬儀社家族葬の良くあるご質問と記事家族葬と遺言、エンディングノートの違いなどについて

家族葬と遺言、エンディングノートの違いなどについて

家族葬と遺言、エンディングノートの違いなどについて

家族葬にあたって伝えなければならないこと

「家族葬をしたい」と思ったとき、どういった希望を伝えればいいのでしょうか。

自分が家族葬を希望するなら、書面(遺言書など)に書き、家族に渡すことも大切ですが、口頭でもどのような理由で家族葬を希望するのかをはっきりと伝えておきましょう。

家族葬をする旨を伝え、家族から了承が得られたのなら、参列者について決めます。

身内でない方を一人一人指定したり、親族までにする、などあなたが呼びたい人を厳選します。

そして、葬儀で必要なお布施やお花、お通夜はどうするのか、僧侶は呼ぶのか、戒名を作成するか、祭壇飾りや花についての指定など詳細に決めておくとスムーズです。
遺影に使用したい写真
このとき、遺影に使用したい写真があれば、その写真も家族に渡しておきましょう。

必ず、渡しておかなれけばならないものは、遺言書ですが、遺言書には貴重品や財産の行く先について詳しく書いておきましょう。

また、喪中葉書を出す場所、銀行関連の書類や保険、実印についてなどを遺族に渡しておく、もしくは場所を伝えておくと、自分が居なくなったときも残された家族が慌てる心配もありません。

法的効力を持たないけど遺族の役に立つエンディングノート

法的効力を持たないけど遺族の役に立つエンディングノート家族葬を行うに当たって役に立つのが、エンディングノートと呼ばれる書面です。

エンディングノートとは、もしも自分が亡くなってしまった時のために、自分の気持ちや希望をメモしておくノートのことです。

家族葬を希望するときなどにエンディングノートを使うと、とても活躍します。

遺言書とエンディングノートに繰り返し、先と同様、家族葬を希望する旨、理由や通帳などの場所など、全ての詳細を記載しておけば、家族がアタフタと混乱することも避けれます。

ですが、遺言書や遺言とは異なり、法的な力がある訳ではないので、法的効力を持たせたい事柄があるなら、それらは遺言書に書いておかなければなりません。

こちらも知っておきましょう

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須ご質問内容


ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください

蒼葉葬儀社の埼玉家族葬
蒼葉葬儀社のご葬儀に対するの想い
首都圏の公営斎場をご案内します
ご葬儀の相談・受付は24時間365日年中無休で承ります
蒼葉葬儀社のご葬儀の費用について
ご葬儀の一連の流れをご案内します
ご葬儀に関してよくある質問をまとめました
費用項目の内訳の見方の注意点
直葬・火葬式シンプルプラン
一日葬ワンデイプラン
小規模家族葬ファミリースタンダードプラン
家族葬ファミリープラン
一般葬儀スタンダードプラン
大型葬儀・社葬デラックスプラン
葬祭費給付金についてご説明します
過去事例/お客様の声一覧
葬儀後の相続・その他手続きについてもお任せください
遺品整理・現状回復もお任せください
ペットの葬儀・火葬もお任せください

家族葬の良くあるご質問と記事