弔電の宛先や文例、注意点

松戸市斎場総合案内

menu
HOME首都圏の公営斎場千葉県松戸市斎場総合案内松戸市斎場で葬儀を施行されたお客様の声弔電の宛先や文例、注意点

松戸市斎場のスタッフブログ

弔電のあて先は、喪主。

わからない時は「故○○様ご遺族様」で構いません。

差出人名はフルネームで、本文の最後に。

詳しい弔電の文例は、電話帳(ハローページ)や郵便局の窓口に用意されています。
そのままでも使えますが、できれば、文面を参考に、気持ちをこめたオリジナルの弔電にしたいものです。

用紙は、弔電であることを伝えると、弔電用のものが使われます。

印象に残る弔電にしたいという方は、別料金(台紙料金500円~5000円)をプラスすれば、押し花や刺繍、うるしなどの弔電用の用紙を選部ことも出来ますよ。

弔電を打つときは、葬儀で披露されることも考えに入れ、忌み言葉を避け、分かりやすい言葉を使うように心がけます。

その他、宗教によって使わない言葉があるので気をつけましょう。

例えば、「冥福」「供養」「成仏」「往生」などは仏教用語。故人が神道やキリスト教などの場合は使わないようにしましょう。

また、キリスト教では、お悔やみではなく、「安らかにお眠りください」などの慰めとねぎらいの言葉が主に中心使われます。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

葬儀に関するご質問
松戸市斎場でのご葬儀についてご不明な点がございましたら、なんでもお聞き下さい。


必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 茨城 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください