お客様のご感想

千葉市斎場のご案内

menu
HOME首都圏の公営斎場千葉県千葉市斎場お客様の声お客様のご感想

お客様のご感想

お客様のご感想

浜中様へ-スタッフより-

花祭壇をジャイアンツカラー浜中様は、故人様が大のジャイアンツファンということで、花祭壇をジャイアンツカラーにいたしました。

オレンジ色のカーネーションをふんだんに使用し、また長嶋茂雄選手の大ファンだったということもあり、白菊で「3」の文字をかたどりました。

花祭壇のデザインに関してはお客様と弊社の生花祭壇スタッフとが綿密に打ち合わせをし、ご希望通りのお飾りができたのではないかと存じます。

また、祭壇脇にはジャイアンツのユニフォームや帽子など、そして生前に巨人が試合に勝つと必ず飲まれていたというビールと焼酎をお供えさせていただきました。

「いつもは祝杯として飲んでたけど、葬儀の席で祝杯だなんて、オヤジらしいな」と語りながら、ご子息様が故人様のお口元を、布に浸した焼酎で湿らせられていた光景が印象的です。

きっと、お父様らしいご葬儀にさぞかしご納得いただけたのだと存じます。

私どものモットーは、常に目の前のお客様にとってのベストなお葬式のお手伝いです。
決まり切ったお葬式の形などなく、100件あれば100通りのお葬式があるはずです。
故人様らしい、そしてご遺族の皆様が安心してお見送りできるお葬式のお手伝いをお約束いたします。

なお、浜中様の葬儀では、『闘魂込めて』をBGMにさせていただきました。
こちらも、喪主様のたってのご希望でした。

浜中様、本当にありがとうございます。

お客様の声

島方さん。そしてスタッフの皆様。
父、孝史の葬儀にご尽力いただき、ほんとうにありがとうございました。
巨人ファンだった父は、本当に満足しています。ありがとうございました。

後藤様へ-スタッフより-

ドライアイスを2日分当てて下さい後藤様はお母様がご逝去され、まずお身体をご自宅にご搬送されました。

搬送業者は病院に出入りしている葬儀社様で、ご安置の際に
「ドライアイスを2日分当てて下さい。そして一度お引き取り下さい」と仰ったようです。

その後、複数の葬儀社を比較検討されたのです。
仏間に故人様が休まれ、ご親戚やご近所の方々がお悔やみに見えている隣の客間で、
午前に2社、午後に2社の葬儀社が来られたようです。

私がお伺いしたのは、午後の2時、3番目のプレゼンテーションでした。
リビングのソファに座る後藤様は、これから葬儀を迎える喪主様としては、とても冷静で、佇まいも淡々としてらっしゃいました。

私は、ご意向をお伺いした上で、ご希望のプランをご提案、祭壇や棺などといったプランだけではなく、大勢見えるであろう方々のおもてなしにも、細心の気配りができるよう心がけました。

その場でプランを組み立て、計算し、お見積もりをいたしました。
後藤様は「ふーむ」と、静かに私の提案を聞き、見積書に目を通しました。

私は、何百というお客様の担当をさせて頂いておりますが、ここまで冷静に慎重に葬儀の計画を立てられるお客様は、正直初めてで、戸惑いすらしました。

お電話を頂いたのは、その日の夜の8時ころお電話を頂いたのは、その日の夜の8時ころでした。
「島方さん。正直に申し上げ、2社のうち、どちらかに依頼させていただこうと思っています。その一つが蒼葉さんです」

「はい。ありがとうございます」という私の声は緊張で上ずってしまいました。
そして、忘れもしないご質問をされました。

「1つ、お尋ねしたい。蒼葉さんの他社にはない強みは何ですか?」

ドキリとしました。
こんな質問をなさるお客様は、いままでお一人もいらっしゃらなかったからです。

自分が試されている、と私は極度に緊張しましたが、これから葬儀をしなければならない後藤様の心労に比べれば、ここで何とか踏ん張らなければならないと、気を保ちました。

後藤様はお仕事が大変お忙しく、お母様のお見舞いや葬儀の計画など、何一つ心構えや準備ができないままにご逝去を受け入れなければならなかったことを、私は察していました。

1日だけでも長くお母様にお休みいただいて、その間に、納得のお葬式を施工できる葬儀社を瞬時に判断しようとしたのでしょう。1日に4社を比較検討するなど、とてもできるものではありませんから。

後藤様の目と声は、静かでありながら、真剣そのものでした。
私は背伸びなどすることなく、心を込めて、丁寧に、言葉を紡ぎました。

「後藤様。蒼葉葬儀社ではなくて、私を信頼していただきたいです。私は、お葬式は「人」が作りだすものだと考えております。素敵な祭壇、使いやすい会館ももちろん大事ですが、故人様、ご遺族、参列者、ご寺院様、こういった人の集まりそのものこそが、故人様が喜ばれるお葬式になるかと存じます。葬儀社が提供するプランに大きな差はきっとないのだと思います。私どもが他社に勝る強みは、正直なんと言っていいのか、、、。でも私自身は、誰にも負けないほどに後藤様のお役立ちをお約束します。この3日間で、私は後藤様のご親戚になってみせます。ご一緒に故人様のご逝去を哀しみ、悼み、お見送り差し上げます。これをお約束いたします
・・・というようなことを、拙い口調で申し上げたのです。

プレゼンテーション「分かりました。よろしくお願いいたします」と、後藤様は即答して下さりました。

葬儀そのものは30名を超えるご親族、150名を超える参列者の方々が集まり、素晴らしいものになりました。
何か特別な祭壇や棺や演出はなかったかと存じます。

それでも、後藤様との間に築かせていただいた信頼関係こそが、私にとっては葬儀社冥利に尽きるものでした。

後藤様にはこの場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

お客様の声

島方さんはとても誠実で、優しい、心強い方でした。
私の、そして遺族のわがままにも誠心誠意尽くして下さいました。
心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

塚田様へ-スタッフより-

狭い自宅ですが、戻してやることはできますか?病院にお伺いしますと、喪主を務められるご長男はいきなり、「狭い自宅ですが、戻してやることはできますか?」と訊ねられました。

「もちろんです」と私がお答えすると、「1人でも多くの人に来てもらえるようにして下さい」とのことでしたので、寝台車でご自宅に到着しますと、ご遺体を車から降ろす前に、ご自宅の中、仏間のたんすや机などを別間に移し、大掃除をし、弔問の方が窮屈でないようにしてから、故人様をご安置いたしました。深夜2時を回っていました。

塚田様の願いは、「少しでも多くの方に参列いただくお葬式」。

「父は、母と二人三脚で、板前一筋で命を貫き通しました。お客さんも多かった。黙々と板場に向かうのですが、美味しい美味しいとほころぶお客さんの顔を見るのが楽しみだとよく言ってました。親族だけでなく、友人や常連さんや商店街や商工会の人たちにもご参列いただきたい」

何も特別なお葬式である必要はない、参列いただいた方がたへのおもてなしをしっかりしたいとのことでした。

ご自宅には、「大将!」「大将!」と、本当に多くの方が弔問に見え、葬儀の打合せがなかなか前に進まないほどです。

納棺もご自宅でし、その日時もご近所や商店街に伝えました。
出発を見送っていただくためです。
そして、たくさんの方々が見送られながら故人様は斎場へ向かったのです。
このような光景はここ最近のお葬式の傾向ではなかなかお目に掛かれません。

また、ご自宅から斎場まで距離があるために、送迎用のマイクロバスも手配いたしました。
通夜と葬儀の両日に、ご近所さまや商店街の方々にご利用いただくためです。

遺影「父は古風な人だったから」と祭壇は白木祭壇を飾り、両脇にはぎっしりと白菊に統一した生花が並びました。
ご親族、商店街、ご友人、常連様の名前が並ぶのを見て、故人様のお店がどれだけさまざまなお客様に愛されていたのかが伺いしれました。

祭壇の脇には店名の入った法被を飾り、鉢巻き姿の故人様の遺影に、おひとりおひとりが心を込めて合掌され、出口で立礼される奥様に多くの方が、「おかみさん、悲しいね」「寂しいよ」「おかみさんは落ち込んじゃだめだよ、元気出してやっていくんだよ」と、声を掛けられるものですから、焼香の動線も何度となく渋滞したほどです。

また、おもてなしの料理も、通常であれば弊社提携の仕出し業者を出向かせるのですが、このたびは喪主様のご希望で、同業のお寿司屋さんや和食屋さんが料理を準備されました。

もちろんこのような対応も可能なので、ご希望の方はお申し出ください。

火葬場にもご親族だけでなく、総勢50名ほどの方がお立ち合いなされ、「父もこれだけにぎやかにやってもらって、喜んでいるよ」と、喪主様もお疲れのお顔の中に、安堵の笑みをこぼされていました。

生前、交流のあった方々との最期のお別れの場が、お葬式です。
ひとりひとりのお客様を大切にされていた故人様の面影が偲ばれる思いがしました。

塚田様、本当にありがとうございました。

お客様の声

とても多くの人たちに参列いただき、父も喜んであの世に旅立ってくれたと思います。
多くの人たちをもてなす上で、蒼葉さんにはさまざまな専門的なアドバイスをいただき、本当に感謝しています。
自宅での納棺、マイクロバスの手配、父の友人の料理屋に掛け合ってもらったりと、とても心強かったです。
心のこもった葬儀ができました。ありがとうございます。

葬儀に関するご質問
千葉市斎場でのご葬儀についてご不明な点がございましたら、なんでもお聞き下さい。


必須お名前
必須メールアドレス
必須ご質問内容


ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください

施設の詳細についてご案内
ご葬儀の相談・受付は24時間365日年中無休で承ります
近隣の宿泊施設や周辺情報をご案内
ご葬儀の一連の流れをご案内します
千葉市斎場の費用についてご案内
ご葬儀に関してよくある質問をまとめました

千葉市斎場を利用したご葬儀プラン一覧
直葬・火葬式シンプルプラン
一日葬ワンデイプラン
小規模家族葬ファミリースタンダードプラン
家族葬ファミリープラン
一般葬儀スタンダードプラン
大型葬儀・社葬デラックスプラン
費用項目の内訳の見方の注意点

過去事例/お客様の声一覧
千葉市の葬儀後の相続・その他手続きについて
千葉市の遺品整理・現状回復はお任せください
千葉市のペット葬儀・火葬について