HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問葬儀社の仕事について

葬儀社の仕事について

葬儀社とは?

葬儀社について、お話しします。

葬儀社の別名は、葬祭業、葬儀屋などです。

葬儀社とは?葬儀社は、一般的に葬儀に必要な準備の手伝いや下準備をします。

葬儀を執り行うための役割を持った、お葬式には欠かせない仕事をする会社です。

葬儀に関連した仕事や、就業している方のことを言います。

また、お葬式や葬祭を行うときには、特別免許は必要なく、誰でも葬儀社を開くことが出来ます。

公的な資格はありませんが、民間資格には、葬祭ディレクター、仏事コーディネーターなどの資格もあります。

ただ、必ずしもこのような資格を持っている必要はありません。

似たような民各資格は、すくなとも30個はあり、種類も豊富です。

また、霊柩車を運転するときは、貨物自動車運送事業としての許可が必要です。

葬儀社は様々なスキルが必要なやりがいのある仕事

2006年ごろの調べでは、日本の葬祭業の市場の規模が、1兆千億円ほど存在しているというデータがあります。

葬祭専門事業者は、この2/3で、基本的には中小企業者として扱われている方がほとんどです。

年中無休で休みなく営業している会社がほとんどで、人が亡くなったという連絡があれば、天候や季節問わず、出動しなければなりません。

葬儀社は様々なスキルが必要なやりがいのある仕事お葬式をする時には、本人、家族、参列者など、いろいろな立場の人からの意見や要望に応える必要があります。

また、全員をまとめることのできるリーダーシップ、会話力、プロデュース力が必要不可欠です。

日本には、多くの宗教があるので、それらの宗教に対応する力も必要です。

また、お葬式は地域でもしきたりが違うので、喪主が恥ずかしい思いをしないように、地域の文化やしきたりを覚える必要があるのです。

様々なスキルと、情報力が必要不可欠な職種ですが、他業種からの参入が進んでいるのも事実です。

他業種とは、冠婚葬祭業者、農協、生協、宿泊施設、墓地、墓石、仏具を扱う業者、花屋、ギフトショップ、霊柩車創業者などの職種が新規参入を希望するほど、現代、人気の仕事でもあるのです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください