HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問菩提寺ってなんですか?

菩提寺ってなんですか?

菩提寺(ぼだいじ)とは、その家の先祖代々の供養をしていただくお寺のことです。
菩提寺に対して、そのお寺を支える家々のことを檀家(だんか)と呼びます。浄土真宗では門徒(もんと)と呼びます。

この菩提寺と檀家という関係を「寺檀制度」や「檀家制度」と呼び、この関係は江戸時代の宗教政策から始まりました。
江戸幕府は、キリシタンなどの邪宗門(異教)を弾圧するために、全国民を仏教徒とし、どこかの寺院の檀家になることを強制し、菩提寺は檀家の先祖供養を独占的に取り仕切りました。
先祖供養の強制は、やがて戸籍の管理などにもいたり、寺院は実質的には幕府の出先機関の役割を果たすようになるわけです。
菩提寺
現代は信教の自由が保障されていますから、必ず菩提寺に先祖や死者の供養をしてもらわなければならないわけではありません。
とはいえ、心情的に先祖代々の位牌を預けている、お寺にお墓があるとなると、菩提寺との関係を簡単に断ち切る、というわけにもいきませんよね。

地方から都心に出られた方、その次の代の方になると、故郷の菩提寺に葬儀や法事をお願いするよりも、自分たちの住まいの近くの寺院にお願いする、というのは自然な流れです。

現代人は一所定住型ではなく、あらゆるところに移住してしまうので、1つの菩提寺に代々の先祖供養を任せるというシステムが、すでに時代にあっていないのが現状です。

とはいえ、人は親から命を引き継いで子につないでいくという人間の本質的な部分は変わりません。

東大卒でMBAを取得された浄土真宗本願寺派光明寺の僧侶、松本紹圭氏は「お寺は人の命を定点観測する場だ」と言われていました。

菩提寺は信教の自由を縛るもの、と捉える方もいますが、人が生まれる前から死んだあとまでの命のあり方をずっと見守ってくれている場所でもあるわけです。
菩提寺にしようか、葬儀屋さんに紹介してもらうか?
お葬式をする時に、
「菩提寺にしようか、葬儀屋さんに紹介してもらうか?」
と、悩まれる方は数多くいます。
蒼葉葬儀社では、もちろん信頼のおけるご寺院様をご紹介させていただきます。
でも、菩提寺との関係がある方は、今一度その関係性を考えられてはいかがでしょうか。

「遠いから」「お布施が高いから」「人柄が気に食わないから」

このような合理的、経済的、感情的な理由で、菩提寺とのご縁を絶ち切る方は多くいらっしゃいますが、もっと深く、広く、長い目で見られることをお勧めします。

もちろん、現代において檀家制度は崩壊の手前まで来ています。
仏教会側に変革が求められていることは、言うまでもありません。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください