HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問エンジェルケア(エンゼルケア)とはー日本と欧米での違いと、エンジェルケアの手順

エンジェルケア(エンゼルケア)とはー日本と欧米での違いと、エンジェルケアの手順

日本のエンジェルケアと、欧米のエンジェルケア

日本のエンジェルケアと、欧米のエンジェルケア
日本は昔から‘湯灌(ゆかん)’と呼ばれる亡くなった方の体を清めるための儀式が存在します。

その湯灌は、衛生上の問題を解決するだけではなく、宗教も関係しています。

日本では「来世への旅装束」の意味合いと、「きちんと成仏して欲しい」という強い願いを込めながら行う儀式です。

また、湯灌後に行う死化粧(エンジェルメイク)は、生前の綺麗なままで旅立って欲しいという気持ちが込められています。

ですが、欧米で主流となっているのは、体の洗浄と腐敗処理をプラスしたエンバーミングと呼ばれるものです。
湯灌後に行う死化粧エンジェルメイク
最近、日本で行われている湯灌などのエンジェルケアは、昔からある習慣と、エンバーミングを組み込んだもので、感染予防+死者の尊厳を守る方法です。

また、エンジェルケアの本来の目的は遺族のケアです。

今の日本は、ほとんどの方が病院で亡くなるので、多くのエンジェルケアは、看護師と医療従事者が行います。

この時、遺族も一緒に手伝うことも出来ます。

病院で行われるエンジェルケアは、エンバーミングに死化粧を組み込んだものが一般的だと考えられます。

エンジェルケアの手順

エンジェルケアの手順
エンジェルケアの手順についてお話しします。

初めに、闘病中に使用していた点滴などの注射針の傷口などに、‘医療器具抜去後の処置’と呼ばれるものをします。

次に、床ずれ(褥瘡)の創傷部位の手当てや、胃の中のもの、排泄物の処理を丁寧に施します。

そして、次に亜塩素酸ナトリウムなどを使用し、口の中の消毒や、ガーゼで口腔内の汚れを取る口腔ケアをし、腔部(鼻、口、耳、肛門、膣)へ詰め物をします。

それからお洋服を着せ、容姿を整えるという手順で行われます。

病院でしかできない手順が山ほどあり、ケースバイケースで看護師さんが対応し、故人がより綺麗な姿で遺族の元へと帰れるように施してくれるのが、日本のエンジェルケアなのです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください