HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問死後についての考え方

死後についての考え方

両親などとお葬式の話題を話しているときに、こういわれたことはありませんか?

死後についての考え方「お葬式もお墓もしなくていいよ。無駄なお金は使わないでちょうだい」と。

このように軽い調子で言われると、聞いている側は、本心なのか分かりづらいですよね。

曖昧な意思の伝え方は、遺族を困らせる原因にもなります。

望んでいたお葬式ではなく、無宗教葬、家族葬などを希望していることもあるでしょう。

そのような希望する葬儀がある場合は、家族へ遠慮せず、最後の場なのだから、はっきりと伝えておきましょう。

内容を明確にし、文書などの形に残るものにしましょう。

この時、第三者にも伝わるように書くのがポイントです。

文書にしてあれば、遺された家族は、「故人の希望」という理由も含めて、葬儀のプランが立てやすくなるでしょう。

独身や子供のいない家庭

独身や子供のいない家庭独身の方や、子供のいない家庭の場合、もしものときは遠くの親族が、何の希望も知らずに、勝手にお葬式をしてしまうこともあります。

自分の思うような葬儀や財産整理が行われていないと、悲しいですよね。

可能な限りお葬式、財産の整理、お墓、供養、死後の始末など、希望した通りに、また、スムーズにしてほしいですよね。

その場合も、生前契約や遺言を書いたり、お墓をもしものために購入しておくなど、先を見据えた準備をしておくと良いでしょう。

前持った準備が必要なケースは多くあるのです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください