HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問共同墓(合葬墓)や永代供養墓、両家墓について

共同墓(合葬墓)や永代供養墓、両家墓について

様々なお墓のスタイル

お墓は、親から子供へと受け継がれるお墓は、親から子供へと受け継がれる先祖代々のものや、○○家之墓などと書かれているお墓が一般的です。

また、個人や夫婦が同時に入ることが出来るお墓もあれば、家族以外の方と一緒に入る共同墓(合葬墓)などの様々なものがあります。

現在は、お墓を受け継ぐ人(承継者)を決めなくてもよい、永代供養墓の人気が高まっています。

永代供養墓が増えている理由は、子供たちへの負担を残したくないという親の思いが関係しています。

1人っ子のお墓

1人っ子のお墓兄弟のいない人同士が結婚し、2つの実家のお墓を1つにまとめ、承継していくものを両家墓と呼びます。

この両家墓は、「○○、○○家之墓」という風に並列し、お墓に彫るスタイルと墓石に夫側の姓だけを刻み、妻側の姓は墓誌のみに印すスタイルがあります。

他には、実名を刻まずに、先祖代々の墓などとまとめて刻み、門柱などに両家の家紋のみを刻むスタイルもあります。

また、洋型の墓石に‘やすらぎ’と‘しあわせ’などの意味を込めて、家名を刻まないスタイルも人気です。

2つのお墓をまとめる場合以外にも、複数のお墓を1つにまとめるときは、会葬の手続きが必要なので、覚えておきましょう。

また、どちらかの墓にもう一方の遺骨を移すときも、同様の手順が必要なので、わすれないようにしましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください