HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問お葬式での代表的な係について

お葬式での代表的な係について

お葬式での代表的な係

葬儀の場では、喪主だけでなく、多くの人がそれぞれの係を分担し、お葬式が滞りなく進むよう動く必要があります。

ここでは、その代表的な係を挙げてみます。

■会場係

会場係この係は、葬儀社のスタッフと手を組み、会場以外の設備をします。

会場までの道路の明示や、テント、駐車場、お寺様の控室、雨のときの傘立てなどの準備をします。

基本的には、供花や供者は、お通夜が終わった後、新しく届いた物と一緒に関係者順に並べます。

全ての仕事を葬儀社が手伝ってくれるので、希望の順番や手伝って欲しいことを葬儀社へ伝えます。

■接待責任者

遺族、親族、お寺様、会葬者、各係の方々への接待をします。

この係を任された人は、遺族の代わりに挨拶周りをするので、会場にいるそれぞれの人数を確認しておきましょう。

■おとき係

おとき、とは料理/会食のことで、香典返しを意味することもあります。

自宅で行う場合は、近隣の女性や親せきが担当することが多いでしょう。

出納係からお金をもらい、買い物をし、お葬式が始まる2時間前くらいには会場もしくは家へ戻れるようにしましょう。

■台所係

台所係この係は、接待責任者と相談し、人数を把握し、遺族の食事とお通夜でお茶出しをします。

控室、おとき、火葬場、精進落としの席で活躍します。

親族や、近所の女性が担当する場合が多いです。

これほど多くの係がいることに驚くかもしれませんが、見えない所で多くの方がこのような係になって動いているので、葬儀がスムーズにいくのです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください