HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問墓地の種類について

墓地の種類について

墓地の種類

墓地の種類は経営形態や、特徴などから3種類に分けることが出来ます。

また、墓地の形式には納骨堂形式の霊園が増加傾向です。

①寺院墓地

寺院墓地この墓地は、宗教法人の寺院が管理し、運営しています。

寺院の敷地内にある墓地と、寺院から少し離れた場所にある墓地があります。

寺院から離れた場所にある墓地は、基本的に公園墓地形態のものが多いです。

また、一般的に寺院墓地を利用するときには、檀家になる必要があるとされています。

ですが、最近では檀家にならなければならない寺院と、宗旨や宗派を問わず、檀家になる必要もない寺院もあるので、条件に適した寺院を選びましょう。

②公営墓地(霊園)

各都道府県、市区町村などの自治体が管理し、運営しているのが公営団地です。

この公営団地は、寺院墓地とは違い、宗教や宗派は問いません。

また、利用料や管理料が割安で設定されていることが多いので、低価格で利用することが出来ます。

③民営墓地(霊園)

民営墓地民営墓地とは、財団法人や社団法人などの公益法人、または宗教法人が作り、管理や運営をしている墓地です。

規模がとても大きいのが特徴で、法要のために作られた建物や広場、花壇なども大きいものが設置されています。

また、施設内の設備も、利用者を配慮した便利な作りになっています。

民営墓地は、公営墓地同様に宗教、宗派を問いません。

それぞれの墓地の広さは異なりますが、公営墓地と比べると永代供養にかかる料金が施設面の影響もあり、少し割高です。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください