HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問お葬式での写真撮影と注意すること

お葬式での写真撮影と注意すること

お葬式での写真撮影で気を付けること

お葬式での写真撮影で気を付けることお葬式で写真撮影をすることは、OKなのでしょうか?

実は最近、お葬式で撮影をする方が増えてきています。

お葬式の最後に集合写真を撮ることもあります。

基本的に、この集合写真は、葬儀社がオプションのサービスとして、プランに含まれていることが多いでしょう。

また、葬儀社以外の人に、写真、ビデオなどを使って撮影をすることもできます。

撮影を葬儀社に頼む場合、請求が割高になるので、「どうしても綺麗に残したい」という強い希望がない限りは、周囲にいる人にお願いしても良いでしょう。

もし写真撮影を遺族から頼まれたときは、心よく受けるようにしましょう。

お葬式で撮影したほうが良いもの

お葬式で写真を撮る時は、遺族や参列者が悲しんでいる姿を撮らないようにしなければなりません。

お葬式で撮影したほうが良いもの思い出というよりも、記録として残すものなので、撮影する場面に気を使いながらシャッターを押したほうが良いです。

お葬式で撮影したほうが良いものは、

  • ①供花
  • ②供物
  • ③祭壇

③の祭壇ですが、祭壇には供花が目上の方から順番に並べられます。

供花の名札がはっきりと映るように撮っておけば、お葬式の後に遺族の方が御礼などを準備する際に役立つので、心がけましょう。

お葬式の場で写真を撮ることは、失礼な行為だと考えている方もいます。

しかし名札を残すなどの記録のためにデータとして、写真を撮るのであれば、全然問題はありません。

後々の、遺族の役に立つのです。

節度を持った撮影であれば問題はないですが、遺族によっては、撮影自体を嫌うこともあります。

撮影する時には、遺族からお願いされたときだけにし、自分から「ここを収めておけば役に立つ」などと先立って写真を撮らないようにしましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください