HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問お通夜や葬式、告別式を行うタイミングとエンバーミングについて

お通夜や葬式、告別式を行うタイミングとエンバーミングについて

お通夜、お葬式、告別式はいつ?-遺体を長期安置するときの注意-

お通夜、お葬式、告別式はいつ

お通夜、お葬式、告別式は亡くなってから、何日後に行えばよいのでしょう?

亡くなるのは突然なので、お葬式の手配をすぐにすることが出来ないケースが多いでしょう。

なので、多くの場合で、お通夜、お葬式、告別式を亡くなった翌日や翌々日に行えないこともあります。

では、通夜や告別式などに「いつまでにしないといけない」という決まりはあるのでしょうか?

実はお通夜や告別式などに「いつまで」という決まりはない

結論からいうと、お通夜やお葬式には、‘何日後までに行う’という決まりは存在しません。
実はお通夜や告別式などに「いつまで」という決まりはない
これは、あくまで極端な例ですが、亡くなってから1ヵ月後にお通夜やお葬式を行っても問題はないのです。

ですのので、‘何日後までに行わないと’ということは気にしないでよいのです。

それまでの間、故人とのお別れの時間を惜しみましょう。

ですが、ここで注意しなければならないのは、遺体の保存方法です。

亡くなったらすぐに葬儀社に連絡をする

しっかりとした方法が大切になり、保存方法が間違っていると傷んでしまうので、亡くなったらすぐに葬儀社に連絡を入れましょう。

いつまでも故人と一緒に居たい気持ちや、お葬式を早く用意できない事情などは分かりますが、早めに安置と保存について考えましょう。

24時間経過するときはエンバーミングを考える

24時間経過するときはエンバーミングを考える
基本的に亡くなった日の翌日にお通夜を手配し、翌々日あたりに告別式をするのが基本です。

しかし、亡くなった翌日~翌々日にお葬式を行うことが難しいこともあるでしょう。

お通夜~告別式を翌日に手配出来ずに安置が長くなら、エンバーミングを病院へ依頼したほうが良いでしょう。

エンバーミングとは、ドライアイスよりも費用はかさみますが、遺体をより長く、きれいな状態で保存することが可能な技術です。

合わせて、亡くなってから24時間過ぎなければ火葬が出来ないので、覚えておきましょう。

お通夜~告別式をするのであれば、問題はありませんが、直葬での葬儀を考えているのなら、24時間後に行いましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください