HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問香典を出す人の範囲やその香典額について

香典を出す人の範囲やその香典額について

香典を出す人の範囲やその香典額
香典を出す人の範囲やその香典額というのは社会人であれば、必ずといってよいほど遭遇して悩む問題です。

一般的にこの範囲、といった線引きも明確には香典にはありません。

お勤めの会社の習慣や、社員でみんなまとめてなど、あるのであれば、それに従えばよいですが、それに当てはまらない悩みがちなケースをいくつかみてみましょう。

会社の同僚の親が亡くなったケース

会社の同僚の親が亡くなったケース
同僚の親や配偶者、お子様が亡くなったケースでは、香典を包むとよいです。

香典額は3,000~5,000円程度が妥当でしょう。

その同僚の方から間を挟まない家族の方、

同僚→親
同僚→子供

のようなつながりの範囲と考えてよいと思います。

会社の同僚の祖父母や、配偶者の親御さんのケース

会社の同僚でも、その祖父母や配偶者の親御さんのケースでは、お悔やみを申し上げるに留め、香典は渡さないというのが一般的なパターンです。

先の同僚の親やお子さんのケースとは違い、

・同僚→親→祖父母
・同僚→配偶者→その親

と、間を挟んでいる人がいるパターンと考えればよいです。

香典を包む範囲を区分ける理由

香典を包む範囲を区分ける理由先のパターンでも、渡した方がよいと思う方も多いかもしれません。

ただ、香典を渡すということは、立場が反対になった時に自分がもらう立場になる、というお互い様的なやり取りになります。

それ自体に問題はありませんが、会社のように人数が多いと、やり取りが増える分、双方の負担も増えることになるのです。

なので、間を挟まない直の家族の方までが香典を渡す範囲、とするケースが多いのです。

ただ、これはあくまで例ですので、会社によっては間を挟むケースでも香典を包むケースもあります。

迷ったら、周りに意見を聞いて合わせるのが一番です。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください