HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問終活と戒名、僧侶にとっての戒名とお布施の重要性

終活と戒名、僧侶にとっての戒名とお布施の重要性

戒名を事前に考えておくことは、後悔のないお葬式の一つの要素

戒名を事前に考えておくことは、後悔のないお葬式の一つの要素

亡くなった後の戒名について考えたことがありますか?

自分で考えたものをつけれるとしたら、魅力的に感じますよね。
また、自分でつける以外にも、家族から大切な方の戒名を考えたいというケースも多くなっているのです。

生きている間に、亡くなった時のことを考える「終活」が、最近、注目を浴びています。

故人の個性を出せる自由な葬儀と、誰とも同じになることのない戒名をつけたいと願う人は増えているでしょう。

昔からある、お葬式に対しての‘辛くさびしい別れ’というイメージは変わりつつあります。

故人との最期のお別れの日を、後悔しないものにするためには、前もって事前に準備をしたり、色々な葬儀社に見積もりをもらったりと、少し手間がかかります。

戒名のお布施は僧侶にとって、とても大切なもの

戒名のお布施は僧侶にとって、とても大切なもの
より後悔しないお別れにするために、重要なのが菩提寺との関わりです。

お寺も利益のみを考えて、葬儀を行っている訳ではないですが、‘戒名のお返しのお布施’は、お葬式全体の利益の中で大きいです。

現代では、檀家が減ってしまい、お葬式が久々なお寺も多くなっています。

檀家が入る墓地を守り、お寺を維持するためには、お金が必要不可欠で、こういった理由も関係し、僧侶にとっての戒名は大切です

恐らく多くの僧侶が、宗教的な意義と誇りを持って戒名を授けてくれます。と、なると、敬意を払うべきでしょう。

また、戒名に対しての考え方は僧侶によって違います。

中には、伝統を大切にする方、自由な形式でなるべく希望に沿った戒名を付けてくれる僧侶もいます。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください