HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問江戸時代から現代までの骨壺と火葬の歴史

江戸時代から現代までの骨壺と火葬の歴史

骨壺と火葬の歴史ー江戸時代から現代

骨壺

江戸時代の骨壺についてお話しします。

江戸時代は、仏教の浄土宗が広まったころです。

この時代は、極楽浄土への思想が繁栄されました。

極楽とは、浄土宗にとっての死後の世界で、浄土宗を信仰している方のほとんどが幸せな場所をイメージします。

浄土には、‘仏国士’という意味も込められています。

これは、仏の国であり、清浄な世界ということです。

浄土宗では、浄土に阿弥陀仏がいると考え、浄土宗を信仰している方なら「南阿弥陀仏」と唱えることで、死後、必ず極楽浄土へ行けるという教えです。

こういった考えが広がり、官人や豊富な経済力のある豪族たちの中には、派手なお葬式をしたり、大きな墓石を準備して、火葬を行うことが人気だったようです。

火葬が法律で定められたのは、明治時代

江戸時代の一般人の方のお葬式は、とてもシンプルなものでした。

簡易的な土葬、火葬が基本です。

また、火葬した遺骨を骨壺や、布袋を使い埋葬したケースが多く発見されていますが、それすら入れずに、土へ直接骨だけを入れて埋葬することもあったようです。

骨壺は、素焼きの骨壺、陶磁器の骨壺などが使用されていました。

ですが、骨壺用に作られた陶磁器というより、甕(かめ)をアレンジして作られたものや、すぐに手に入る容器に入れることもあったようです。

火葬が法律で定められたのは、明治時代鎌倉時代より前は、火葬を行う人は偉い人に限られていました。

ですが、鎌倉時代をすぎると、一般の方も火葬をするようになり、江戸時代には、土葬も存在しましたが、火葬を選ぶ人が増えました。

そして、現代の火葬をしなければならないという法律が定められたのは、明治時代です。

法律にて、火葬が埋葬の絶対条件となりました。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください