HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問納棺とはー遺族にとって大切な納棺の儀式の流れと三角巾

納棺とはー遺族にとって大切な納棺の儀式の流れと三角巾

納管は遺族にとって大切な儀式の一つ

納管は遺族にとって大切な儀式の一つ
納管をざっくりいうと、‘遺体を清め死装束をまとい、棺に納める行為’です。

遺体をきれいにし、仏教でいうところの極楽浄土への旅立ちに向かう準備で、この準備が終わったら、棺へと納めます。

納管の義は、基本的に納管師によって行われますが、遺族からすると、故人の‘死’を現実にするもので、受け止めるために大切な義です。

全てのことを担当者に任せず、手伝える範囲で手伝うようにしましょう。

納管を納管師が行うこともありますが、基本的には葬儀社の職員の手で行われることが多く、時間にすると30分程度で終わります。

今は使わない三角巾

納管の儀式では、以下の3つが行われます。

  • 1.死装束を左前に合わせて上帯を占める
  • 2.足袋を履かせ、手を旅の道中、蚊などから守るために、甲を覆う布をつけ、足を守り動きやすくするためにスネに布をつけます(手の甲の布は‘手甲’、スネの布は‘足絆(きゃはん)’と呼ばれます)
  • 3.三途の川の渡し賃といわれている六文銭を入れた、頭蛇袋(ずたぶくろ)を首から下げます

今は使わない三角巾
死装束といえば、頭に着ける白の三角巾を思い浮かべる方もいると思いますが、最近は顔のイメージが変わってしまうため、つけないことが多いです。

このような工程を経て、可能であれば親族や遺族が御遺体を支える手伝いをし、仰向けの状態で、棺の中へと納めます。

身支度でつけた以外にも、愛用していた物や、杖、わらじ、網傘などを副葬品として納めることが出来ます。

副葬品を入れるときは、ビン、ガラス、燃えにくい物、スプレーなどの爆発する危険があるものは入れないように注意しましょう。

燃えるものでも、厚い書籍や水分のあるフルーツは、火葬に影響し、不完全燃焼が起こる可能性があるので、入れてはいけません。

故人のことを思い、様々なものを入れてしまいがちですが、多くのものを入れることで、遺体を傷めることになりかねないので、最小限に絞りましょう。

ここまでが納管の流れで、最期にフタを閉めて終了です。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください