HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問喪主と施主の仕事の違いについて

喪主と施主の仕事の違いについて

喪主と施主の役割の違い

喪主と施主の役割の違い施主と喪主の違いを知っている人は、あまり多くはいません。

厳密には、似ているようで違います。

ですが、自分でお葬式を行う場合には、喪主が施主を任されることが多いので、多くの方が施主と喪主は同じものだと思っています。

まず、喪主は、遺族を代表して弔う役をするので、基本的に葬儀社の打ち合わせや、参列者への挨拶、出棺時の挨拶などのお葬式での役割がメインになります。

施主はサポート役

施主には布施する主という意味があります。

基本的に、お葬式に必要となった費用を負担し、喪主のサポートをするという役割があります。

このように役割にそれぞれ違いがあるのです。

運営の代表がメインの喪主

施主はサポート役主に、運営の代表がメインです。

お葬式での代表となる‘喪主’と、運営での代表の‘喪主’は、全然違う役割なので、覚えておきましょう。

役割は違っていても、誰が務めるという決まりはありません。

ですが、喪主は血縁関係で決められる事が多く、故人に一番近い人間が務める場合が一般的なようです。

反対に、施主は、葬儀の実務的な代表なので、血縁関係に左右されません。

当主が務める場合が多いようですが、現在は、喪主が費用を負担するケースが増えているため、喪主と施主を兼任することが多いです。

施主は供花の順番とお礼状の準備もする

運営の代表がメインの喪主喪主と施主を務めたとき、供花を出すべきか迷うと思います。

地域で違うのですが、基本的には‘親族一同’、‘施主’として供花を出す場合もあります。

もしも、地域の風習がわからない場合は、葬儀社へ相談すると良いです。

供花の順番を決めるのは、施主の大切な役割の1つとなります。

供花は基本的に祭壇の両脇へお供えしますが、どのような順番で並べれば良いのかわからない方も多いでしょう。

主流なのは、血縁関係の近い順番で、祭壇を挟み、右から左へと配置していく並べ方です。

迷った場合は、親族や年長者へ聞いてみましょう。

更に、供花をもらった場合は、後日、お礼状が必要になります。

どの人からもらったかをメモ等に記載する必要があるので、忘れないようにしましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください