HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問名義変更(解約)が必要な手続き

名義変更(解約)が必要な手続き

故人が生前に所有していた、家や契約していたものは場合によっては、相続財産として扱われてしまいます。

名義変更をするときに、遺産相続の手続きが終了している必要があることもあるため、前もって確認しておきましょう。

■株式名義変更

株式名義変更故人の名義のままの株式は、死亡届を出した地点で売買が禁止になります。

この時、遺言書や財産分割によって相続人が決まっていれば、株式の名前を故人から相続人に変更する必要があります。

変更は、相続が決まったらすぐに行った方が良いでしょう。

変更手続きは、証券会社もしくは株式発行法人へ問い合わせます。

必要なものは、株式名義書換請求書、株券、故人の戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、印鑑証明書、遺産分割協議書がいるので、これらすべての続き終了後に変更手続きを行いましょう。

また、株式評価額は相続人に相続税がかかってしまいます。

亡くなってから10ヵ月以内に申告し、納税する必要があります。

■クレジットカード

クレジットカード故人のクレジットカードは解約し、破棄しなければなりません。

また、カード会社によって、カードの返送をお願いされることもあります。

クレジット、キャッシュローンなどの未清算金や返済額がある場合は、遺産になるので、相続人は相続破棄しない限り、返済、清算の義務を負います。

クレジットカードの解約(破棄)は、死亡後、すぐにでも行いましょう。

クレジット会社に問い合わせることで、解約(破棄)の手続きが可能です。

必要なものは、解約に関する書類と、クレジット会社によって決まります。

■運転免許証

故人の運転免許証は、亡くなったあと、すぐにでも処分する必要があります。

近場の警察署にて手続きが出来るので、持っていきましょう。

■パスポート

こちらも亡くなった後、すぐに手続きをしましょう。

パスポートの手続きは都道府県旅券課にて行うことが出来ます。

■会員制のメンバーズカードなど

故人が会費のかかるメンバーズカードを持っている場合、多くの場合、名義変更は難しいでしょう。

故人が死亡した場合、メンバーズカードなどの会費かかるものは、破棄したほうが良いでしょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください