HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問逮夜(たいや)と忌み日について

逮夜(たいや)と忌み日について

逮夜(たいや)について

逮夜(たいや)について逮夜(たいや)という言葉を知っていますか?

逮夜は、‘大夜’、‘宿夜’などと表記されることもあります。

逮夜とは、命日や7日ごとに存在する‘忌(き)み日の前日’や‘命日の前夜に法要をする’という意味のある言葉です。

逮夜法要では、集まった方たちへ、飲食の席を作り、接待をするのが基本的な法要の方法です。

仏教では、故人は亡くなったその日から、7日ごとに閻魔様など、あの世の者達から裁きを受けると言われています。

また、四十九日は、生まれ変わりが決まる日と言われています。

基本的に、初七日は故人が亡くなった当日を含んだ日数なので覚えておきましょう。

逮夜と忌み日の法要

逮夜の忌み日は、故人の成仏を願い、法要を行うのが一般的です。

そこから、七日ごとに僧侶を呼んで法要をしますが、基本的には、初七日、五十七日、七十七日の順番で法要を行います。

七十七日で、四十九日を終えるので、七十七日法要が終われば、法要は終わり、忌(き)明けとなります。

逮夜と忌み日の法要昔は、逮夜と忌み日、両方で法要をしていましたが、今は、どちらかの日に法要をするのが主流となっています。

日程は、原則参加者の都合で決めることが出来ます。

ただここで注意が必要なのは、法要は日程を早めることは出来ても、遅らせることが出来ないということです。

こういったことから、逮夜と忌み日の法要を一緒に行う家庭が、現代では増えています。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください