HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問夏場のお葬式の喪服について

夏場のお葬式の喪服について

夏場のお葬式の喪服は?軽装OK?

夏場のお葬式の喪服についてお葬式のお知らせは、季節昼夜問わず、いつ訪れるかわからないものです。

昼夜の温度差が激しかったり、日中の温度が高い夏場は、亡くなる方が多くいる季節です。

ですが、季節を問わず、お葬式では喪服を着なければなりません。

真っ黒な喪服は、紫外線や熱を吸収しやすいので、普通の服より暑さを感じてしまいますよね。

暑苦しいという理由だけで、服装を自分勝手に決める訳にもいきません。

また、最近では、夏場はクールビズが会社で取り入れられているところも多くありますよね。

このような取り組みがあると、「夏場のお葬式もクールビズでいいのでは?」と思う方もいるかもしれません。

ですので、お葬式の服装についてのマナーを知らずに、「白い半そでシャツに、黒いネクタイを締めていれば参列できる」と勘違いしている方がいるのも事実です。

お葬式では、どんなに暑い夏場でも、男性は黒のスーツに黒ネクタイをするのがマナーです。

また、ジャケットは必ず羽織りましょう。

女性の礼服は、ノースリーブのものや、半そでのワンピースのものもありますが、そのような露出の多い礼服を着る時には、上からジャケットを羽織るのがマナーなので、覚えておきましょう。

また、ストッキングは必ず夏場でも、黒を付けシンプルなパンプスを着用します。

夏場でも、必ずジャケットを着用する

夏場でも、必ずジャケットを着用する夏場での軽装が許されないお葬式ですが、暑い中お葬式に辛抱して参列するのは、苦行です。

少しでも、涼しく過ごせるような工夫をしましょう。

真っ黒な礼服は、紫外線や熱を吸収しやすく、熱がこもります。

なので、熱を吸収しずらい生地の喪服や、夏用の喪服などに買い替えると通常の礼服よりも、快適に参列することが出来るでしょう。

季節のことを考えると、夏場用と冬場用で2着用意したほうが良いです。

お葬式では、ジャケットを羽織るので、中は半袖で問題はないので、覚えておきましょう。

式場までの道のりは、ジャケットを脱ぎ、式場付近で着用するという工夫も良いですね。

お葬式は、故人の冥福を祈る義です。

暑くても寒くても、季節を問わず、マナーは必ず守りましょう。

参列者の過ごしやすさを優先し、失礼な服装で参列してしまうと、‘故人を尊重する気持ち’を台無しにしてしまいます。

恥ずかしくない服装で、出席するようにしましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください