HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問お葬式に適したバックとは?

お葬式に適したバックとは?

お葬式に適したバック

お葬式に適したバックお葬式は、喪に服すことが基本で、黒一色で揃えます。

バックは、単純に色が黒ならマナー違反にはならないという訳ではありません。

色が黒でも光沢があったり、少しでも華やかな柄が入っているとダメです。

お葬式にもっていくなら、フォーマルのシンプルなバッグをもっていくようにしましょう。

柄のない黒の無地で、なおかつ、ファスナーや大きな金具のないバッグを選ぶと良いでしょう。

バックの色やデザインに指定はあっても、大きさに指定はありませんが、基本的には、ハンドバッグくらいの大きさが良いとされています。

子供が居て、荷物が多ければ、無地の黒のサブバックを用意して、なるべく持ち物をスマートにしましょう。

金具は取り外しましょうー慶弔両用バッグが便利ー

慶弔両用バッグが便利お葬式では、‘華やかさを排除’するというマナーがあります。

お葬式へブランド品をもっていきたい場合は、ブランドのロゴや、華やかな柄が入っていない目立ちすぎないデザインのものを使うようにしましょう。

色がついていないシンプルなロゴのものでも、大ぴらにブランドが分かるようなデザインなものは避けましょう。

さりげなく「あぁ、あのブランドか。」とわかる程度のものにしましょう。

何はともあれ、絶対に光物は持って行かないようにしましょう。

光が反射すること自体が結婚式などの慶事を思い浮かばせるので、不適切だと捉えられるのです。

バッグに使われている飾りとしての金具もNGなので気を付けましょう。

バッグの底についている鋲や、内側のファスナーは暗黙の了解でついていても問題ないとされています。

しかし、金具は目立たないほうが良いです。

また、慶弔両用バッグもあります。

慶弔両用は金具などの取り外しが自由なので、とても便利です。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください