HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問遺産の分割協議とその注意点とは

遺産の分割協議とその注意点とは

相続人の中に身元不明者がいるときの協議

相続人の中に身元不明者がいるときの協議例えば、行方の分からない相続人が居る場合、分割協議を行うことが出来るのでしょうか。

遺産分割協議は、相続人全員が参加して行う必要があり、相続人全てが参加出来なければ、その相続は無効になります。

なので、相続人の中に行方不明者が居て、遺産分割協議に呼ぶことが出来ない場合でも、除外することは難しいでしょう。

他の相続人が家庭裁判所へ、不在者財産管理人の選任を請求し、その管理人に代理人となってもらい、分割協議を行うという方法をとる必要があります。

反対に、不当な方法で相続から除外された相続人は、他の相続人に対し、分割協議のやり直しを請求することが可能です。

遺産分割協議が成立した後でのやり直し

基本的に、遺産分割協議は一度成立すると、やり直しを主張することは難しいです。

ですが、脅迫などで分割協議が認められた場合のみ、法的な無効、取り消しをすることが出来ます。

新たに出てきた遺産相続人の一部を除外したとき、または、相続人ではない人を加えたときにも分割は無効なので、分割協議のやり直しをする必要があります。

遺産分割協議の終了後に、新たな遺産が出てきた場合には、分割協議を再度行わなければなりません。

また、最初の分割協議で決められたものは有効のまま、新たに出てきた遺産に対してのみ、分割方法を決める協議を行います。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください