HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問神式で行われる葬儀の通夜祭と手水のマナー

神式で行われる葬儀の通夜祭と手水のマナー

神式で行われる葬儀の通夜祭と仏式の違い

神式で行われる葬儀の通夜祭と仏式の違い
仏式葬儀では通夜ですが、それとは異なり、神式葬儀では‘通夜祭’という名目で通夜が行われます。

神式の葬儀は神社で行われますが、通夜祭は死を穢れとしている神道を通ることが出来ないので、自宅もしくは斎場を利用します。

通夜祭に参列する方は、まず、身体を清めるために、手水で手を洗って、口をすすぐ‘手水(ちょうず)の儀’をします。

神職(斎主)からの‘祭詞奏上’(さいしそうじょう)が行われ、ご焼香の意味を持つ、‘玉串奉奠’(たまぐしほうてん)が行われます。

玉串奉奠の順番は、神職、喪主、遺族、親族、参列者です。

次に、仏式葬儀の位牌と似た意味があるのですが、故人の魂を霊璽(れいじ)に移動する‘遷霊祭’(せんれいさい)の儀が行われます。
この儀を行うことによって、故人の魂は、守護神になり、一家を守ってくれるようになるといわれています。

仏式葬儀の通夜ぶるまいと同様の‘直会’(なおらい)が行われたあと、神式での通夜祭は終了です。

名称と習わしが異なりますが、多くの儀が仏式と似たものなのです。

手水の儀の行い方とその注意点

突然「手水の儀をやってください」といわれても、神式葬儀に参列したことがない方は、どのようにすれば失礼にあたらないのか、などマナーがわからないと思いますが、難しいものでもないので、ここで知識をつけておきましょう。
手水の儀の行い方とその注意点
まず、式場から用意された、もしくは、自宅から持参した手桶を使いながら、ひしゃくで水をくみ、始めに左手、次に右手の順で水をかけます。

次に、左手でお椀の形を作り、水を溜め、その水で口をすすぎます。
すすいだ後、もう一度左手に水をかけて終了です。

口元や手は、用意されている壊紙か、持参したハンカチでふきましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください