HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問どの程度の付き合いの範囲まで参列すればよいか

どの程度の付き合いの範囲まで参列すればよいか

葬式といっても、身内や友達、遠縁の親戚や会社関係の方など、故人との付き合いの範囲はそれぞれ違うはずです。

当然、「どの程度の付き合いの範囲まで参列すればよいか」で、迷うこともあるでしょう。

参列する、しないを決める判断基準はあくまで個人

どの程度の付き合いの範囲まで参列すればよいか
考えは人それぞれです。ただ、一般的な判断基準の例として、

  • 遺族から連絡があった場合
  • 葬儀の後も関係が続くことが予想される場合

に参列するというのがあります。

まず、遺族が故人の葬儀の連絡をしてきた場合、遺族はあなたと故人がそれだけの親しい間柄だったと判断していることになりますよね。

あなたが故人との関係をどう考えているか、というのは別にして、遺族や故人のことを思い、葬式の連絡があった場合は参列する方が多いようです。

ただ、家族葬で一般会葬をお断りしていないのであれば、はっきりと参列を希望する旨を伝えられない限り参列しないのがマナーです。

次に、葬儀の後も、故人の関係者との間柄を良好に持っておきたい場合も参列した方がよいでしょう。

お葬式に来てもらえなかった、ということを気にされる人達も案外多くいるのです。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください