HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問神式の追悼儀礼について

神式の追悼儀礼について

神式の追悼儀礼

神式の追悼儀礼昔は、神式の葬儀の翌日には、零祭の「翌日祭」が行われていました。

ですが、今では、行われることが少なくなってきました。

その代わり、と言ってはなんですが、死後10日ごとに毎十日祭という霊祭を、十日祭、二十日祭、と10日ごとに行います。

また、神式の追悼儀礼では、五十日祭は忌明けのとても大切な霊祭です。

紙棚や御霊舎に貼っていた白紙を取り去ります。

五十日祭が終わると、故人の霊を先祖の霊に祀る御霊舎へ移すための儀式である、合祀祭が行われます。

最近は合祀祭と、清払いの儀を五十日祭と同日に行うことが多くなっています。

1年目以降の式年祭

神式の追悼儀礼では、死後100日目に、百日祭が行われます。

1年目以降の式年祭100日目以降は命日に行われる式年祭があります。

式年祭は、死後1年目の一年祭、3年目の三年祭、五年祭、十年祭とあります。

十年祭以降の五十年祭までは10年ごとに式年祭を行います。

神式と聞くと、どうしても神社のイメージが出てくると思いますが、死後に行われる式年祭は違います。

どの式年祭も、場所は神社ではなく、自宅、墓前、斎場を借り、神宮を招いて行われます。

遺族、近親者、友人、知人が集まり、式年祭後は直会(なおらい)と呼ばれる宴席を用意することが多くあります。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください