HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問仏式葬儀での数珠の種類や扱い方に関して

仏式葬儀での数珠の種類や扱い方に関して

仏式葬儀での数珠の種類と扱い方について

仏式葬儀での数珠の種類と扱い方について
仏式葬儀での数珠の使い方についてお話します。

葬儀は、基本的に数珠を持って参列すると思いますが、必ず持っていなければならないという訳ではないのです。

宗派によって数珠の種類が異なると思いますが、参列する葬儀の宗派に合わせた数珠でなくても、どの種類のものを使っても問題ありません。

どのようなものであっても、法具なので、丁寧に扱いましょう。

少し席を立ったり、数珠を手から外すときでも、畳や椅子の上に直で置かずに、必ずバッグの中に入れるようにしましょう。

数珠を使わないときは、左手の親指に数珠をかけ、焼香の際は、体の前に数珠を、左手を前にだし、右手で焼香を行います。

合唱の際は、数珠を両手の親指にかけ、手のひらを合わせて合掌します。
ですが、宗派やしきたりより、数珠を丁寧に扱うことを優先的に考えたほうがよいでしょう。

宗派やしきたりより、数珠を丁寧に扱うこと

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください