HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問不動産の名義人が亡くなったら

不動産の名義人が亡くなったら

不動産の名義人が亡くなったときのリスク

不動産の名義人が亡くなったときのリスク契約者が亡くなったあと、不動産の名義が故人のままだと、どうなるのでしょう。

現代、多くの不動産が亡くなられた故人様名義のことが多くあります。

多くの方が、不動産の名義は亡くなった故人のままで良いと思っているのです。

これには、原因があります。

それは、多くの専門家が「故人様の名義で問題ありません。」と答えるからなのです。

確かに、名義を変えずに、そのまま継続して住み続けることは可能です。

ですが、後々、家を建て替えたいと思ったときや、不動産に関係したローンを組むとき、家を売りたいときには、名義が問題となります。

故人の名義のままだと、手入れや処分を行うことが出来ないのです。

後々のことを考えるのであれば、お葬式が終わってからすぐにでも、名義を変更したほうが良いと考えられます。

リスクを避けるためにも、名義変更は早めにしよう

不動産の名義変更について、様々なリスクがあります。

そのリスクとは、不動産の名義を持っている方が亡くなられたとき、相続者が認知症になっている場合も考えられます。

認知症ですと、遺言書がなく、多くの相続人が居る場合、誰に相続すべきかどうか判断出来る人がいない可能性もあります。

こうなってしまうと、大変です。

一般的な手続きだけでも、大掛かりなのに、通常の手続きより時間も、費用も、より多くかかってしまうのです。

不動産の名義変更について今回は、認知症の方が相続者の場合のリスクを紹介しましたが、そのほかにも、たくさんのリスクが隠れているのです。

そのトラブルに合った人は、誰もが「早く名義変更をしていれば…」と後悔しています。

もしも、名義者が亡くなられた場合は、はやめに名義を変更しましょう。

自分で名義を変えることが難しいときには、専門の方の力を借り、葬儀が終わったあとの手続きは、早めに終わらせてしまいましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください