HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問檀家をやめるための手続きや費用について

檀家をやめるための手続きや費用について

檀家をやめるための手続きと解除費用について

檀家をやめるための手続きと解除費用について
檀家をやめるには、どうすれば良いのでしょうか。

檀家をやめたい理由として多いのは、「お布施が高い」、「お寺との相性が悪い」などの意見が多く、他にも様々な意見があります。

檀家をやめたいと思った場合、どのようにすれば檀家をやめることが出来るのはお話しします。

檀家をやめると、お墓を失うことになります。

お墓がなくなるということは、新たにお墓を設置しなければなりません。
また、埋葬されている遺骨も移動させる必要があります。

これらすべてを、‘改葬’と呼びます。

もしくは、墓じまい、廃墓という呼び方をします。

お墓に埋葬されている遺骨を、他のお墓へ移動させるだけですと、お寺との檀家関係は継続します。

この場合、お墓を管理する料金が発生してしまうので、墓石を無くし、お墓のあった土地を更地にし、お寺へ帰す必要があります。

これは法律で決まっていて、‘墓地使用契約解除’というものです。

また、更地にするときには費用がかかり、大体30万から50万円程度必要なので、覚えておきましょう。

檀家関係に関連して墓地使用契約、檀徒加入契約にも入っているので、そちらも解除しなければなりません。

檀家をやめるときの5つの手続きと方法

檀家をやめるときの5つの手続きと方法
檀家をやめる時には、様々な手続きが必要です。

  • ①新しい墓地の受け入れ書の作成
  • ②今ある檀家の所蔵証明のもらう
  • ③自治体に会葬許可申請をする
  • ④申請後、会葬許可証をもらう
  • ⑤改葬許可を持参し、お寺から遺骨を引き取る

これら5つの手続きをする必要があります。

ここで注意すべきなのは、新しいお墓へ遺骨を移さないときには、改葬許可葬は必要ないので、覚えておきましょう。

全ての手続きをする時には、役所の担当者から説明を受けながら、進めることが可能です。

ただ、自分の力だけで進められないと思った時には、行政書士に代行を依頼することが出来ます。

最後に、離檀にかかる費用はお寺によって違うので、あらかじめ聞いておきましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください