HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問死亡後の手続きに必要な書類の準備の注意点について

死亡後の手続きに必要な書類の準備の注意点について

死亡後の手続きに必要な書類はあらかじめ用意する

個人に対して、法的な手続きをする時には、いろいろな書類が必要になります。

死亡後の手続きに必要な書類中でも、申請する人の住民票、印鑑登録証明書、故人の戸籍謄本や除籍謄本は、毎度必要と言ってもいいほどに用意しなければなりません。

そのたびに、市区町村役所へ請求していると、時間と手間がかかりすぎます。

前もって必要な枚数を調べ、1度に発行すると良いです。

有効期限をきちんと見ておく

手続に必要な住民票や印鑑証明書は、基本的に‘2ヵ月以内に発行されたもの’など、有効期限が定められています。

早めに準備をして、発行してもらったけど、手続きをせずにそのままにしていると、期限が切れてしまいます。

期限が切れると、法的な手続きをする上で、無効になるので、気を付けましょう。

死亡診断書(写し)は、法的手続きの上で死亡を証明する書類申告期限に余裕があるとしても、書類を手に入れたら、可能な限り、手続きを終わらせましょう。

また、死亡診断書(写し)は、法的手続きの上で死亡を証明する書類です。

この勝利は、臨終に立ち会った医師が作成し、遺族へ渡すものです。

死後7日以内に役所へ哲周し、葬儀後の手続きにも必要なので、ようにしましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください