HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問結婚式とお葬式のどちらを優先するかで重要なのは血縁関係

結婚式とお葬式のどちらを優先するかで重要なのは血縁関係

重要なのは血縁関係の近さ

重要なのは血縁関係の近さ
一般的な意見としては、友人の結婚式と、親/祖父/祖母の葬儀を天秤にかけた時は、葬儀を優先するという考えが多くあります。

例えば、孫の場合、祖父、祖母が自分の葬儀より、友人の祝い事を優先したら、その事を気に障るだろう、といった感じです。

ただ、最終的にどちらを優先すべきかを決めるのは、あなたなのです。

また、別の例で、自分の家族や親族の結婚式当日と葬儀がダブルブッキングしてしまった時は、血の繋がりのある方の結婚式を優先するのが一般的です。

変わりつつある喪中の期間

この場合、お葬式に参列できない旨を伝えるとき「結婚式で」と伝えることはタブーで、「やむを得ない理由で」などとやんわりと伝えましょう。
変わりつつある喪中の期間
お葬式に参列出来ないのであれば、供物や弔電にて、お悔やみの気持ちを伝えることが可能か、後日、弔問をしてもよいかなど聞いておきましょう。

結婚式に招待され、出席の返事をし、式当日までに身内に不幸があった時は、‘喪中での参加は遠慮する’という風習があり、その喪中の期間は、1年とされていましたが、現在では四十九日までとされています。

また、地域によって‘結婚式とお葬式のどちらが優先的なのか’は異なり一概に決まっていないケースもあります。

その地域の風習がはっきりわからない場合は、念のため親しい方に聞くと良いでしょう。

ご祝儀を渡す時には、喪があけてから渡す旨を前持って伝えておくとトラブルを避けることが出来ます。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください