HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問故人が自宅で孤独死をしてしまい、警察が介入してきました。どうしたらいいですか?

故人が自宅で孤独死をしてしまい、警察が介入してきました。どうしたらいいですか?

病院で亡くなった場合は、入院中に医師や看護師が患者の容体の推移を診ていますので、死因をすぐに特定できます。
警察が実況見分
ところが自宅などで孤独死をされた方の場合、死因をすぐに特定することはできません。
そして、警察が介入するのは、事件性があるかないか、を判断するためです。
このような場合は、まずは警察が実況見分をし、遺体を検視します。
その後、警察医と呼ばれる、警察指定の法医学の医師を呼んで「検案」を行います。

このように、

  • 1)事件性の有無
  • 2)死因の特定

・・・という2つの目的のために、医療機関外で亡くなられた方の場合は、警察が介入してくるのです。

警察介入の基準は、「死亡が医師の最終診断後24時間」を超えていれば警察による詳細な検案が求められるようです。

とはいえ、その目的は死因の特定と事件性の有無の確認にあるため、例外もあります。

たとえば、不慮の事故で救急搬送されて病院に運ばれたが、病院の医師では死因が確定できない場合は、最終診断後24時間以内の死亡でも、警察による検案を行うことがあります。

また、たとえ自宅で亡くなったとはいえ、常に家族やかかりつけ医の診療があった場合には、その医師が死亡診断書を発行し、警察の介入が必要ないこともあります。
自治体では手続きが異なる
また、死亡地で検案を行うこともあれば、警察署にご遺体を移送して行うこともあります。

「監察医制度」が敷かれている自治体では手続きが異なることもあります。

ご遺体を引き渡されるまでは、警察の指示に従いましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください