HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問お墓のない埋葬とお墓を建てる時の注意点について

お墓のない埋葬とお墓を建てる時の注意点について

お墓のない埋葬

子供に迷惑をかけないために、お墓に対する考えが変わってきています。

お墓のない埋葬迷惑をかけないための対策として、散骨や樹木葬や、墓石の施設を必要としない自然葬が人気を高めています。

散骨はお骨を砕いて、海や山河にまくことです。

樹木葬は、遺骨を直接土中に埋め、その上に花木を植え、供養することを言います。

ですが、これらの方法をとってしまうと、手を合わせるお墓がありません。

お骨も消滅するので、遺族の心のよりどころすらもないのです。

散骨を行う場合は、そのあとの供養をどのように行うのか、という問題が残るということまで考える必要があります。

お墓を決めるときに必要な心構え

お墓を建てる時には、場合によっては、多くの必要になる可能性があります。

お墓を決めるときに必要な心構えまた、お墓は自分だけの問題ではありません。

子供や孫が何十年もの長い間、受け継いでいくものです。

また、四十九日までに納骨するのが一般的といわれていますが、いつまでに法律で決まっている訳ではありません。

なので、慌ててお墓を購入する必要はありません。

故人が散骨を望んでいるとしても、そのまま散骨してしまうのではなく、どのようにすれば故人の遺志を尊重しながら、供養する側の気持ちが満たせるかどうかが大切です。

また、子孫に無理なくお墓をついでもらえるかどうかを考えます。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください