HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問供物を贈る時の注意点、のしの表書きや結び切りなど

供物を贈る時の注意点、のしの表書きや結び切りなど

供物を贈るときに配慮しなければならない点を知ろう

供物を贈るときに配慮しなければならない点を知ろう

供物を贈るときに、注意が必要なことはなんでしょうか?

まず第一に、事前に喪主や世話係への確認と、供物を贈ることへの了承を得ないといけない、ということを知りましょう。

基本的に、供物は式場内へ飾られるので、盛り籠などの大きな供物を贈るときには、式場に飾れるスペースがあるかどうかなどの問題が出ることがあります。

式場の大きさや、故人への希望が関係し、供物を辞退していることもあるので、事前に供物を贈ることを喪家に伝えておきましょう。

供物は、お葬式の場合、通夜から告別式の間に飾られ、法事なら、式の最中に飾ります。

ですので、式が始まる時間までに飾れるようにしておく必要があり、手配や準備を考えると、お葬式なら通夜当日の午前中、法事は、最低でも開始の1時間前には贈れるようにしておきます。

供物に付けるのしの表書きと結び切りについて

供物に付けるのしの表書きと結び切りについて
供物を贈る時には、包装紙や、のしの紙の表書きを弔事用に変更しなければなりません。

ですので、水引を5本結び切りのものに変更します。

また、東日本では、黒色と白色の5本の結び切り、西日本は黄色と白色5本の結び切りのものを使用するのがマナーです。

仏式での表書きは‘御供物’、‘供物’と書き、神道では‘供物’、‘偲び草’という書き方をするので覚えておきましょう。

下の部分には贈り主の名前を記載します。

お葬式や法要で供物を贈るには、故人の宗教に適した品物を用意し、贈るときのマナーやタイミングを把握する必要があるので、必ず、遺族への確認と贈る旨を伝えることを忘れてはいけません。

生前お世話になったことへの感謝や、お悔やみの気持ちを伝えられるようにしましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください