HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問ご遺体を自宅以外で安置する場所の良い点、悪い点

ご遺体を自宅以外で安置する場所の良い点、悪い点

自宅以外で安置可能な場所ーそれぞれの良い点、悪い点

自宅以外で安置可能な場所
自宅での安置が一般的だった昔と比べ、今は自宅以外で安置する方が増えてきました。

自宅以外で遺体を安置できる場所とはどこなのでしょうか。

  • 葬儀社の遺体安置室
  • 火葬場の霊安室
  • お寺
  • 教会

などが一般的ですが、どれにも、良い点、悪い点があります。

良い点としては、こういった施設を利用すると、専門の方の力を借りることが出来るという事があります。

また、多くの方が一度にきても、部屋の広さなどを考える必要がなく、遺族の負担を減らすことが出来ます。

悪い点としては、住み慣れた自宅ではないことです。

また、施設なので利用可能時間などの制限があります。

設備が整っているからこそ、そこに料金が発生し、予定していた額よりも高額になってしまうのです。

火葬場での安置

火葬場での安置
安置場所として火葬場を利用するときの良い点についてです。

基本的に、火葬場で安置すると直葬などでの移動を減らせるというメリットがあります。

また、費用を安くすることが出来ます。

悪い点としては、対面時間に制限があることです。

自宅での安置とは違い、ゆっくりと故人と過ごせず、安置室にはご遺体だけ置かれているということもあります。

教会や寺での安置

教会や寺での安置
最後に教会やお寺を安置場所に選んだ際の良い点と悪いです。

故人が普段から、安置場所に選んだ教会やお寺に通っていたなら、慣れ親しんだ場所で安置することが出来るという点です。

ただ、この場合の悪い点は、火葬場同様に、対面時間に制限があることです。

このように、自宅以外の場所を利用する場合、総合的な良い点としては、遺族が葬儀をしたり、近所へ連絡する必要がないということです。

施設を安置場所に選ぶことに適しているのは、「ご近所に知られたくないから自宅安置は・・・」と思っている方です。

全てに一致する悪い点としては、対面時間が限られていることや、預ける日数によって費用がかさむこと、葬儀社を選ぶことが難しいなどなので、よく話し合って決めましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください