HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問弔辞の文面の流れについて知っておきましょう

弔辞の文面の流れについて知っておきましょう

弔辞の文面の流れについて

弔辞の文面の流れについて、お話しします。

①弔辞は、【呼びかけ形式】で始めるのが主流です。

弔辞の文面の流れについて呼びかけ形式とは、あなたが故人を呼ぶときに使っていた言葉で良いでしょう。

【例】

○○先生、○○さん、など。

ですが、キリスト教は、呼びかけ形式ではありません。

それは、故人は神になり、召されて安らかに眠ることを祈るためです。

②故人の死に対する驚きを述べます。

【例】

「突然の知らせに、ただ呆然とするばかりです。」や、「突然の悲報に、言葉を失いました。」など。

とても驚いていることを、言葉で表現します。

③故人との関係を述べる一文を組み込みます。

参列者に故人と弔辞を読む方の関係性を、はっきりと分かりやすく伝えるようにしましょう。

④人柄や業績をたたえます。

この分は弔辞のメインです。

故人の人柄、業績をたたえ、感謝の言葉や、業績が伝わるようなエピソードがあれば、積極的に組み込むと良いです。

わざとらしい大げさな誉め言葉は選ばずに、自分の言葉で述べるようにします。

⑤お別れの言葉で締めます。

お別れの言葉で締めます弔辞の最終部分、お別れの言葉です。

日本で多く行われている仏式の葬儀の弔辞では、「安らかにお眠りください」、「ご冥福をお祈りします」が多く使われます。

お別れの言葉の前に、遺族への慰めの言葉を入れると印象が良いので、余裕があれば、組み込むようにしましょう。

弔辞を読むとき

  • ①霊前に進み、遺影に一礼します。
  • ②左手に弔辞を持ち、左手でたとう紙を開きます。
  • ③たとう紙をたたんで、弔辞の下へ重ねます。
  • ④右手で開き、胸あたりまで持って行き、読みます。
  • ⑤読み終えたら、包み直し、祭壇の方へ表書きを向けお供えします。
  • ⑥最後に一礼して、席へと戻ります。

注意する所は、④の弔辞を持つ位置です。

これが低いと、姿勢が悪く不格好に見えるので、胸あたりで固定しながら読めるように、心がけましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください