HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問昔のお葬式の基本の野辺送りとは

昔のお葬式の基本の野辺送りとは

昔のお葬式は野辺送りが基本ー祭壇に残る風習

昔のお葬式は野辺送りが基本
昔のお葬式は、自宅で行うのが基本でした。

そして、お葬式が終わり、出棺の儀をし、野辺(のべ)送りという葬列を組んだといわれています。

そして、この葬列の最後には遺族が並び、火葬場や埋葬地へと向かいます。

野辺の意味は、埋葬です。

野辺送りに参加する人は、持ち物の名前で呼ばれることが多くありますが、これは地方によって異なります。

そして、基本的に野辺送りは夜中に行われました。

先頭に灯りを持った人が立ち、次に籠(かご)持ちの順です。

籠の中には、小銭や紙吹雪を入れ、進みながら巻きます。

こうすることで、故人の魂を沈め、地域への災いが起こらないように、穢れを払ったといわれています。

この葬列において、重要な役割を担うのは6役です。

  • 位牌持ち
  • 飯持ち
  • 水桶持ち
  • 香炉持ち
  • 紙華持ち
  • 天蓋持ち

また、棺をその場で3回回し、仮門と呼ばれる門を通過させることで、鎮魂の儀を出棺前に行いました。

祭壇の飾りは野辺送りが由来

祭壇の飾りは野辺送りが由来
時代が変わると同時に、お葬式も変化していきました。

野辺送りをしている地域は少なくなりましたが、この儀式は、地域の風習として残っているところもあります。

また、この野辺送りのときに、お墓までもっていった装具は今、形を変えて、白木の祭壇に変化しました。

一般的な祭壇の上部に乗っている、輿(こし)は、棺を入れて、墓地まで運んだ野辺送りの名残りだといわれています。

このように、お葬式の文化は形を変えて、今に残っています。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください