HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問通夜見舞いと地域による違いについて

通夜見舞いと地域による違いについて

通夜見舞いについて

通夜見舞いについて生前、入院されているときにお見舞いにいくことが出来ずに、気がかりになっている方は多いでしょう。

その代わりに、お通夜の日に‘通夜見舞い’を持参することを通夜見舞いと言います。

また、通夜見舞いは、ご香典とは別物なので注意しましょう。

通夜見舞いが主流となっているのは、関東東部、千葉成田市、新潟県、福岡県の一部地域です。

通夜見舞いと聞くと、現金のみを想像する方もいますが、お米、お寿司、饅頭、お菓子、お酒、缶詰などの飲食品を渡す地域もあります。

その地域によって違いますので、よくわからない場合は葬儀社に確認すると良いです。

通夜見舞いの表書きと相場、地域によって違う

現金で通夜見舞いを渡す場合の相場と、表書きの書き方についてお話しします。

まず、通夜見舞いの表書きについてですが、そのまま‘通夜見舞い’と書いてください。

また、金額ですが、住んでいる場所や、喪家との関わりが重要になりますが、基本的に、1,000円から2,000円程度です。

通夜見舞いの表書きと相場、地域によって違う故人が病院で亡くなり、お見舞いに行けなかったからと言って、必ずしも、通夜見舞いを渡す必要はありません。

関係性によっては、ご香典と通夜見舞いのどちらかを渡すこともあります。

通夜見舞いが主流となっている地域では、生前お見舞いに行かれた方は、ご香典のみを渡し、いけなかった方は通夜見舞いとご香典を渡すのが基本です。

少数派ですが、お通夜で通夜見舞いを渡し、告別式でご香典を渡す地域もあるので、前もって確認しておきましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください