HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問喪服の新常識ーその変化と子供の服装

喪服の新常識ーその変化と子供の服装

喪服の新常識と子供の服装

喪服の新常識と子供の服装
常識的には、お通夜や告別式などの葬祭に参列する際は喪服を着用します。

これは、故人から三親等までの親族が該当し、男性は洋装の場合、モーニングコート。
和装では黒紋付き羽織とされていました。

女性の洋装は、黒のアフタヌーンドレス、もしくはワンピースやアンサンブルでお通夜に参列し、お葬式と告別式では黒の無地の着物を着用するというマナーがありました。

ですが、最近は喪家でも通夜~告別式での服装は‘略式喪服’と呼ばれる‘ブラックフォーマル’を着用することが常識になりつつあります。

この場合、男性はダークスーツと白シャツに黒のネクタイ、黒の靴下で小物も黒で統一します。

女性は、黒や紺、グレーなどの地味な色のスーツか、ワンピースで黒か肌色のストッキングを履き、黒のパンプスを履きましょう。

ですが、肌色のストッキングが許されるのはお通夜のみなので、お葬式や告別式に参列するときには黒色のものに履き替える必要があります。

和装では、染め抜き日向紋が5個ついた黒い無地の着物を着ます。

昔からの服装に対する常識が変わりつつある現代ですが、

  • ‘失礼のない格好’
  • ‘肌の露出を控える’

が基本なので忘れないようにしましょう。

今まで一般的だった女性がお通夜で洋装をし、お葬式と告別式には和装で参列する必要がなくなっているという大きな変化があります。

また、喪家と参列者との服装の変化は、通夜、お葬式、告別式へ服装を堅苦しく考える必要がなくなったことを意味します。

全ての式で服装を変えるのが一般的だった昔とは違い、現代は同じ服装で参列しても失礼に当たらないのです。

子供が参列するときの服装

子供が参列するときの服装子供が参列するときの服装は、小学生から高校生(男女ともに)は、制服を着て参列しましょう。

制服をもっていなければ、ブレザーか白ブラウス、シャツを着ます。

また、季節によっては、黒や紺、グレーのセーターで防寒します。

それ以下のお子様は、女の子は黒や紺、もしくはグレーのスカートを着用し、男の子は黒、紺、グレーのどれかの色のズボンを着用すれば失礼に当たりません。

靴下は白が無難でしょう。

また、小学生以下の乳幼児のみ、グレー、モノトーン、薄い水色、白やベージュなどの薄い色の服を着ればよいとされているので覚えておきましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください