HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問花立ての意味と大きさや素材について

花立ての意味と大きさや素材について

花立てとは

花立てとは花立ては、三具足の一種で、ろうそく、香炉と一緒に飾られます。

花立てを置く地位は決まっていて、本尊から見た左側です。

真ん中に香炉を置き、右側にはろうそくを置きます。

もしも、五具足置く場合には、香炉を中心に、ろうそくを一対、花立ては、ろうそくよりも外に一対という配置にします。

一般的な仏壇では、三具足ですが、大きな仏壇五具足を使います。

しかし、地域や宗派、菩提寺の考えで違うのでご不安であれば確認しましょう。

浄土真宗本願寺派は、一般的な三具足、五具足のほかに、四具足と呼ばれる花立てと火舎、燭台を上卓に置く場合もあります。

また、花立ての別名は、花活けです。

花立ての大きさと素材について

花立ての大きさと素材について花立ての一般的な大きさは、直径6㎝から35㎝くらいです。

ですが、他の仏具のバランスも関係するので、前もってサイズを確認したほうが良いでしょう。

花立ての素材については、手入れのしやすい丈夫なアルミや、真ちゅう、ステンレスなどの金属類が好まれます。

これらの素材で作られた花立ては、変色もしづらいです。

仏壇に合わせて後から選んだり、セットで売っているものを使われる方が多いです。

他にも、純金製、純銀製などのこだわりの素材を使って作られた花立てもあります。

種類が豊富ですので、お葬式後、仏壇を飾る際は色々調べてみるとよいですよ。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください