HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問通夜とお葬式に参列する時のマナーとタブー、御香典の渡し方

通夜とお葬式に参列する時のマナーとタブー、御香典の渡し方

通夜とお葬式の際のマナーとタブーについて

通夜とお葬式の際のマナーとタブーについて
通夜、お葬式に参列するときのマナーを覚えておきましょう。

通夜やお葬式は、開始時間よりも遅れて参加することは、タブーなので、必ず早めにつくようにします。

どうにもできない理由で、途中で帰宅する時は、末席に座りご焼香が終わった後で退席してください。

当たり前の事ですが、静かな式場で、大きな声での私語、世間話はせず、小声で会話をし、親しい人への挨拶も会釈程度が良いでしょう。

通夜にて遺族へのお悔やみを伝える時は、待っている方のことも考え、簡潔に述べるようにします。

遺族へのお悔やみの言葉を、お葬式と告別式の最中に伝えるのはタブーです。

遺族と目が合った場合も、会釈程度にしておきましょう。

また、遺族へのお悔やみの言葉は簡潔にし、小さめの低い声で、「この度は御愁傷様でございます」や「この度は突然の事で…」という短い言葉を選びましょう。

短い言葉でも、気持ちを伝えることが出来ます。
遺族への挨拶をしたあとは、絶対にお辞儀をしましょう。

お悔やみの言葉がスムーズに出ないときは、黙礼のみにとどめてもよいです。

受付での流れと御香典の渡し方について

受付での流れと御香典の渡し方について
あらかじめ会場へ早めに到着するように出発し、大体、開始10分前に受付を終わらせる必要があるので、記帳や香典を渡す状況は、その時の受付の込み具合に左右されるので、ケースバイケースで変更しましょう。

まず受付では、お悔やみを伝え、一礼後、御香典をだし、表書きが相手から見える向きで両手で持ちながら渡します。

そして、芳名帳に‘住所’と‘名前’を書き、立ち去るときは一礼します。

御香典を通夜で渡している時は、葬儀や告別式で記帳のみします。
稀に、受付がないことがありますが、そのときは遺族へお悔やみの言葉を伝え、御香典を手渡しするか、ご焼香の時に、祭壇へ供えてください。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください