HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問枕飯とはーその意味と枕飯を作るようになった説

枕飯とはーその意味と枕飯を作るようになった説

枕飯について。本当は縁起の悪い物??

枕飯について
枕飯についてお話ししたいと思います。

枕飯とは、生前の故人のお茶碗に、こんもりと大盛りによそったごはんに、お箸を二本垂直に立てたものです。

枕飯を用意するときは、ちょうどお茶碗に摺り切り一杯になるくらいのお米を計り、皆のお米とは別に炊きます。

炊きあがった枕飯用のお米は、一粒も残さずに、お茶碗に盛りつけ、お箸を立てます。

また、炊いた後のお米は炊く前より量が増えるので、お茶碗に大盛りで200gくらいなので、それより多くならないように気を付けましょう。

よく、子供の頃にお箸をお米に立てると「縁起が悪いからやめて!」などと怒られたことがありませんか?

それは、御飯に垂直にお箸を立てることでごはんが、‘死者の物’になり、一善飯は‘忌みかかったもの’だという言い伝えが昔からあるからです。

仏式では、枕飾りの一つとして、故人の枕元に小机に、団子やお水、樒などと一緒に並べるものなのです。

枕飯を作る習慣となった2つの説

枕飯を作る習慣となった2つの説
縁起が悪いとされている枕飯を何故、作るようになったのでしょうか。

枕飯を作るという習慣が出来た理由として、2つの説があります。

1つ目は、‘死者を蘇らせるための呪術としての役割’があったというものです。

これは、昔、お米があまり手に入らない時代に、

「白米を食べたいという気持ちから蘇るのではないか」

という切なる願いが込められていたのです。

これを、魂呼びの呪法と呼びます。

そして、2つ目は、食べ物を摂取することで人間が、身体(肉体)と魂を健やかにすることが出来るという考えをもとに、魂を表現するために枕飯が作られたともされています。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください