HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問お葬式での化粧で気を付けること

お葬式での化粧で気を付けること

お葬式でのお化粧

お葬式でのお化粧お葬式での、お化粧について、お話しします。

お葬式のような場所では、お化粧をしないほうが正しいような気もしますが、薄化粧くらいはしましょう。

お葬式とはいっても、公の場なので、お化粧をしないということ自体、失礼なことなのです。

■お化粧のルール

ファンデーション①ツヤ感のあるお化粧はNG

ファンデーション:マット系

リキット、クリームタイプは、ツヤ感が出やすいです。

なので、ファンデーションをするときには、パウダータイプを選ぶようにしましょう。

ファンデーションを塗る時には、厚塗りに気を付け、シミや吹き出物などを隠す時には、コンシーラーを使います。

②ポイントメイクも同じように、ツヤ感を感じさせるものはNGです。

色も派手でなく、ラメが入っていないものを使いましょう。

ポイント別のお化粧

■目周り(マスカラ、アイライン、つけまつげ)

ポイント別のお化粧マスカラ、アイライン、つけまつげなどのアイメイクはしません。

ですが、人によっては、アイメイクをしなければ落ち着かないと思う方もいるでしょう。

割と女性には、多いものです。

もしも、アイライン、マスカラ、つけまつげを使いたい場合は、黒でなく、茶色を選びましょう。

よりナチュラルなお化粧になり、印象を薄くすることが出来ます。

また、お葬式で泣いてしまうかもしれません。

それを想定して、ウォータープルーフのものを使うとよいです。

■眉

眉毛にもルール眉毛にもルールがあります。

  • ①はっきりとした眉毛
  • ②短すぎる眉毛
  • ③吊り上がった眉毛
  • ④角度のついた眉毛

この4つにならないように注意します。

また、野暮ったい眉毛にならないように、整える程度で書きます。

ペンシルタイプは濃くついてしまうので、パウダータイプを使ってみましょう。

■チーク

顔の血色を気にして、チークをする女性は多くいます。

お葬式に行くときに、チークを使う場合は、薄くぼかすように入れましょう。

角度をつけたり、丸くポンポンと入れると濃くなるので、注意が必要です。

チークを入れるときは、横に広く入れるようにしましょう。

■口紅

口紅もグロスなどの、ツヤ感のあるものはNGです。

赤やピンクなどの派手目な色は避け、濃くなりすぎないようにつけます。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください