HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問死亡後の手続きに必要な書類とはー住民票、印鑑登録証明書

死亡後の手続きに必要な書類とはー住民票、印鑑登録証明書

住民票、印鑑登録証明書

【住民票】

死亡後の手続きに必要な書類世帯全員の写しと、一部の写しの2種類あります。

住民票が必要な手続きは、

・健康保険

・国民健康保険

・後期高齢者医療制度

・葬式の費用の葬祭費、埋葬料の申請

・故人の自動車や不動産の所有権の変更など

【印鑑登録証明書】

印鑑登録証明書一般的に‘実印’と呼ばれる印鑑を、本人が登録していることを証明するための書類です。

印鑑証明が必要な手続きは、

・故人の銀行預貯金や郵便貯金を相続、名義変更する

・故人が持っている株券等の相続、変更

・故人の不動産の所有権の相続、変更

・故人の自動車の所有権の相続、変更

・遺産分与協議書の作成時。(相続人全員の印鑑登録証明書が必要)

・生命保険の死亡保険金の請求時

また、これらの書類をもらうときには戸籍法、住民基本台帳法が関係し、本人確認が出来ないと所得が難しいことがあります。

本人確認書類とは、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、健康保険証、印鑑登録証明書、住民票の写し、個人番号カード、年金手帳などです。

戸籍、除籍謄本などは、顔写真のない確認書類しか用意できない場合、2つ以上の証明書類が必要になるので、用意しておきましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください