HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問相続で必要な手続きと相続可能な財産

相続で必要な手続きと相続可能な財産

相続で必要な手続き

故人が生きている間に持っていた財産の権利が義務が、配偶者や血縁関係者へ受け継がれることを、相続と呼びます。

相続で必要な手続き被相続人が亡くなったときから、財産に関する全ての権利と義務が継承されます。

このシステムを、相続の開始と呼びます。

相続は、預貯金や不動産などのほかの借金やローンなども対象になるので、注意しましょう。

故人の死亡を相続人が、故人の死亡を知ってから3ヵ月以内なら、相続人は相続の放棄を選択することが出来ます。

相続人にとって、負担になるものがあり、相続をしたくない場合、手続きを早めにしましょう。

相続可能な財産について

相続が可能な主な財産は、以下の通りです。

①プラスとなる財産

・現金、預貯金、有価証券

・不動産(土地、自家用家屋、店舗、貸地権、借家権)

・その他の財産権(ゴルフ会員権、電話加入権、著作権)

②マイナス財産

・借金、住宅ローン、買替金、手形、小切手の支払い責務

・公租公課(所得税、住民税、固定資産税、自動車税など)

・その他(損害賠償、保証債務、未払いの資料など)

【香典も相続税の対象になるのか】

香典も相続税の対象になるのか香典とは、故人の冥福を祈って、お香を供える代わりに、お香の代金を包んで、お供えするものです。

相続財産として、使われることはありません。

なので、葬儀費用はマイナス財産です。

また、香典の他にも、祭祀財産として扱われる墓地、仏壇、位牌なども相続の対象にはなりません。

なので、葬祭財産を守る祭祀承諾者は、相続人だけではなく、自由に決定することが可能です。

故人の遺骨も故人が所有していなかったので、相続財産にはなりません。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください