HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問自分の宗派がわからない時はどうしたらいいか

自分の宗派がわからない時はどうしたらいいか

自分の宗派がわからないケースはよくあります

自分の宗派がわからないケースはよくあります
昔と違い、現代はご自分の宗派がはっきりわからない、という方は多くいます。

特にお墓がなかったり、ご先祖様もないケースなのですが、このような場合は、自分の宗派を実家を宗派に合わせるのが最も多い形です。

実家の宗派については、実家や親類に尋ねるとわかるケースがほとんどです。

宗派の合わせ方の注意点―母親が亡くなったケースで見る

宗派の合わせ方の注意点―母親が亡くなったケースで見る
例えば、自分の母親が他界したとしましょう。

このケースでは、母親の実家の宗派でお葬式を行うのではなく、母親が嫁いだ先である、父親の実感宗派に合わせます。

父親が亡くなったのであれば、当然、その父親の実家の宗派に合わせてお葬式を行います。

ただ、婿養子の場合は、実家が母親側になるので、そちらの宗派に合わせます。

故人の希望があれば、宗派を合わせる必要はない

故人が「自分は自由葬を希望する」などの遺言があり、遺族がそれに従いたい場合、無理に実家の宗派に従う必要はありません。

同じく、あなたが亡くなった時に「実家の宗派に従わない」と遺言として残していれば、遺族は実家の宗派に沿う必要もありません。

ただ注意点として、

「後に残された遺族が亡くなった時、その前の方が宗派に従っていない葬儀をした場合、菩提寺が受け付けてくれないケースもある」
故人の希望があれば、宗派を合わせる必要はない
ということを覚えておきましょう。

自分の宗派の問題もありますが、菩提寺の考え次第というところもありますので、よくわからないのであれば、菩提寺に直接聞くか、葬儀社にアドバイスを求めてもよいでしょう。

「自分の宗派がわからない」

ケースの対応は先に例を挙げた通り、状況により大きく変わることを覚えておきましょう。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください