HOME斎場やご葬儀に関してよくある質問復氏届(ふくしとどけ)や新しい戸籍の作成

復氏届(ふくしとどけ)や新しい戸籍の作成

お葬式後の復氏届、戸籍、子供の名

配偶者が亡くなった場合、婚姻関係は解消されます。

お葬式後の復氏届、戸籍、子供の名また、のこされた配偶者は、戸籍や名を継続していても問題はありませんが、復氏届(ふくしとどけ)を出すことで、旧姓に戻ることが可能です。

旧姓に戻すことで、戸籍は元の戸籍に戻る場合と、筆頭者となり、新しい戸籍を作る場合に分かれます。

手続きは、本籍地もしくは住所地の市区町村役所にて行うことが出来ます。

手続きのときには、復氏届、戸籍謄本、印鑑が必要です。

復氏届に期限は存在せず、配偶者が亡くなった後であれば、どのタイミングでも手続きが可能です。

また、手続きは郵送でも行うことが出来ます。

届出用紙は、市区町村役所の窓口でもらうことが出来ます。

手続きで復氏することが出来るのは、配偶者本人だけなので注意が必要です。

子供は、復氏届とは別の手続きを行う必要があります。

新しく戸籍を作る

新しく戸籍を作る復氏届は、復氏した後の本籍を記入するための欄が用意されています。

この欄で、元の戸籍に戻ることを選択すると、自動的に結婚する前の名字に戻ります。

ですが、新しい戸籍を作ることを選ぶと、本籍地も自由に決めることが出来ます。

また、新しい戸籍を作ったとしても、親子関係に法律上、影響がある訳ではないので、戸籍を作る前と何ら変わりはありません。

なので、戸籍を作ったとしても親の供養義務は残ります。

この制度は、実家の親族のみではなく、亡くなった配偶者の親族に対しても同じです。

一度復氏してしまうと、再び結婚後の戸籍へ戻ることは出来ないので、よく考えて手続きをしましょう。

【葬儀後の他手続きなどこちらも合わせて読みましょう!】

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

茂木さん
葬儀に関するご質問などどんな些細な事でも結構ですので、
なんでも私達にお聞きください



必須お名前
必須メールアドレス
必須県名  東京 千葉 埼玉 神奈川 その他
必須ご質問内容

ご不安や疑問なことがあればフリーダイヤル0120-987-494までお問い合わせください